人物

細川元総理は斜視?息子と嫁や家系図まで調査

 

細川護煕(ほそかわ・もりひろ)元首相(78)が、TBSで8月21日(日)23:00から放送予定の『情熱大陸』に出演が決定、細川護煕さんへの関心が高まっています。

そこで放送前に、細川護煕さんのプロフィールを、もう一度、おさらいしておきましょう。

護熙

生まれは、出身校は?

細川護煕さんは1938年(昭和13)1月14日、東京生まれ。

父は、関ヶ原の戦いなどで活躍した戦国大名・細川忠興(ただおき)と明智光秀の娘、玉(ガラシャ)の間の子孫で、旧熊本藩主細川家第17代当主・細川護貞(もりさだ)です。家系図を見ただけでクラックラしますね。

細川護熙家系図

長男である護熙さんは、生まれながらの“お殿様”ですね。

母は、A級戦犯に指定された近衛文麿(このえ・ふみまろ)元首相の娘、温子さん。つまり、護熙さんは、公家の血も引いています。

近衛文麿

母方のご先祖様をたどれば、あの藤原鎌足(ふじわらの・かまたり)にたどり着くという、とんでもなく高貴なお方です。さすが、ルビなしでは読めない名前の方々が、ご一族に揃っていますね。

藤原鎌足

就職は?

学習院高等科から、祖父の近衛文麿さんと同じ京都大を受験するも失敗。一浪して再挑戦するも失敗、上智大法学部に入って、卒業後は朝日新聞社に入社しました。

鹿児島支局に配属されましたが、お殿様なのに、意外にも、警察ネタの事件記事に強かったそうです。

というのも、当時の鹿児島県警には、熊本の細川家に仕えた人の子孫がいて、護熙さんにそば近く接触できることに感激、ちょくちょく“ご注進”申し上げていたそうなのだとか。

その効果か、東京本社に呼び戻され、社会部記者として配属されました。そのときも、意外に大活躍でした。

あるとき、皇族の一人が病に倒れて、マスコミがお屋敷の周りに張り込み始めました。そのとき、屋敷のドアが開いて中から護熙さんが現れました。

あっけに取られた先輩記者が「お前、何しているんだ」と聞くと、護熙さんは「宮内庁から連絡があって、お見舞いに行ってきました」。

その後、先輩記者と護熙さんは、病床の皇族の具合や家族の様子などを独占スクープ。当たり前といえば当たり前ですが、他の記者に決して真似できませんね。

続きを読む