人物

田原俊彦と向井田彩子の離婚危機が気になる!別居や密会美女を調査

タレント田原俊彦さん(58歳)が妻・向井田彩子さん(47歳)と3年前の2013年から別居中で、3月14日のホワイトデーに田原俊彦さんが20代後半の美女と密会デートを楽しんだと報じられました。

結婚25年、2人の子どもに恵まれ、幸福だった家庭に何があったんでしょうか? 田原俊彦さんと向井田彩子さんは、本当に離婚してしまうのでしょうか? それと、密会美女の正体とは? 緊急リサーチです。

続きを読む

横浜高の及川雅貴の攻略法は?元強豪校球児が見つけた意外な弱点!横浜高の及川雅貴の攻略法は?元強豪校球児が見つけた意外な弱点!

春のセンバツ、第91回選抜高等学校野球選手権大会の組み合わせ抽選が3月15日(金)に行われました。プロ注目の〈高校四天王〉の最速153キロ左腕・及川雅貴投手(新3年)を擁する横浜高校(神奈川)は大会第2日の第2試合(11:30開始予定)、明豊(大分)と初戦で当たることが決まりました。

横浜高校と同じブロックには、2018年明治神宮大会優勝の札幌大谷(北海道)、優勝候補で、同じ〈高校四天王〉の奥川恭伸投手(新3年)を擁する星稜(石川)が入っています。両校とも、悲願のセンバツVを果たすためには、及川雅貴投手を打ち崩さなくてなりません。そんな及川雅貴投手の攻略法をリサーチしてみました。

続きを読む

横浜高の内海貴斗の中学や家族は?意中のドラフト球団や指名予想も

春のセンバツ、第91回選抜高等学校野球大会(主催・毎日新聞社、日本高等学校野球連盟)は3月23日(土)に、阪神甲子園球場で開幕します。2019年の高校野球は“打者四天王”と言われる強打者4人が注目されています。

中でも、優勝候補・横浜高校の内海貴斗(うつみ・たかと)内野手(新3年)は最も熱い注目を浴びています。内海貴斗内野手の出身中学や家族、意中のプロ野球球団や、ドラフト会議で指名する可能性のある球団などをリサーチしました。

続きを読む

尾畠春夫が徒歩帰宅を断念!玉川徹は反省「テレビが原因で騒ぎに」

スーパーボランティア尾畠春夫(おばた・はるお)さん(79歳)が、東京から自宅のある大分県日出町(ひじまち)への1100キロの徒歩での帰宅を断念しました。現在はすでに自宅に戻っています。

テレビ朝日コメンテーターの玉川徹(たまかわ・とおる)さん(56歳)は「原因は、我々テレビ人」と2月27日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で、反省の弁を述べました。いったい、何があったのでしょうか? 緊急リサーチです。

続きを読む

尾畠春夫は今どこを歩いてる?2/26の現在地や目撃情報に安否確認!

スーパーボランティア尾畠春夫(おばた・はるお)さん(79歳)が今、大分県日出町(ひじまち)の自宅へリヤカーを引いて、徒歩で向かっています。1100キロ以上の道のりを3カ月かけて「世界のこどもたちの幸福をねがう旅」と銘打って、歩いて帰宅しようとしています。

2018年夏、山口県で行方不明になった男児を、たった1人で発見して、一躍“時の人”になった尾畠春夫さん。しかし、いくらスーパーボランティアでも、79歳の高齢者です。普通の旅行でも案じられるのに、歩いて帰るなんて心配です。2月23日に目撃されたきりです。尾畠春夫さんの現在地や目撃情報、安否確認などを緊急リサーチしました。

続きを読む

横浜の及川雅貴の出身中学や家族は?ドラフト球団の指名の予想も!

3月23日に開幕する第91回選抜高等学校野球大会(主催・毎日新聞社、高野連)、通称・春のセンバツ。“大逆転”でセンバツ出場を決めた横浜高校の原動力となったのは、プロ注目の左腕エース及川雅貴(およかわ・まさき)投手(新3年)です。

高校四天王とも称され宇、2019年のプロ野球ドラフト会議で上位指名が確実とされる及川雅貴投手。横浜高校を13年ぶりの甲子園優勝に導くことができるでしょうか。意中のドラフト球団や、指名する可能性のあるチームをリサーチしてみました。

続きを読む

星稜の奥川恭伸が甲子園で優勝投手になる?意中のドラフト球団も!

球春を告げる第91回選抜高等学校野球大会(主催・毎日新聞社、高野連)の開幕3月23日が迫ってきました。今年の春のセンバツは、何と言っても、プロ注目の大会ナンバーワン投手・奥川恭伸(おくがわ・やすのぶ)投手(新3年)を擁(よう)する石川県の星稜高校が優勝候補筆頭です。

2018年のU18アジア選手権でただ一人、2年生で侍ジャパンに選出された奥川恭伸投手。果たして、星稜を初の甲子園優秀に導くでしょうか。さらに、意中のドラフト球団や、指名する可能性のあるチームをリサーチしてみました。

続きを読む

拉致被害者の田中実さん生きてた!横田めぐみさん生存の可能性は?

北朝鮮が日本政府との水面下の接触で、拉致被害者の田中実さん(失跡当時28歳)が、北朝鮮の平壌で、結婚して妻子と生活していると伝えてきました。他にも拉致の可能性を排除できない金田龍光(かねだ・たつみつ)さん(失跡当時26歳)も妻子と共に生活していると伝達してきました。

「拉致問題は解決済み」「北朝鮮に日本人拉致被害者はもう存在しない」と主張してきた北朝鮮。北朝鮮の説明はやっぱり、ウソでした。いったい、何が起こっているのか? 真相はどうなのか? 緊急リサーチです。

続きを読む