長崎のインスタ映え廃船の場所や行き方は?放置で朽ちかけ「はかなさ」で人気スポットに












スポンサードリンク




長崎市の海に放置された廃船がインスタ映えで人気です。場所や行き方、放置されたまま撤去されない理由などをリサーチしました。

スポンサードリンク

長崎市小瀬戸町にある廃船「銀杏丸」

塗装がはげ、赤茶色く錆(さ)びた船体。あばら骨のように突き出たクレーン。操舵室の床は抜け落ち、船底のタンクが剥(む)き出しになっています。

その姿は、まるで幽霊船。そんな、おどろおどろしい、放置された廃船がインスタ映えすると、逆に人気です。

廃船など打ち捨てられた物や風景を撮り続ける写真愛好家。あるいは、インスタ映えを知って、わざわざ足を延ばして来る人もいます。

地元民にとっては単なる迷惑な廃棄物が、インスタグラマーらにとっては格好の被写体となって、意外な人気を呼んでいます。

その廃船とは、長崎市小瀬戸町(こせどまち)の鼠島(ねずみじま)公園の近くの浜に放置されている銀杏丸(いちょうまる)です。

細長い長崎湾、外洋の入り口付近に突き出た皇后島(こうごしま)、別称・ねずみ島にあります。

皇后島は、元々は長崎湾にあった小島でした。明治時代に子ども向けの水泳道場が設置され、1972年に閉鎖されるまで、多くの児童・生徒が、この島で水泳を学びました。

しかし、1970年代に行われた埋め立て工事により、現在は陸繋化(りくけいか)して、半島の形になっています。行政区分としては、長崎市小瀬戸町になっています。

その皇后島の先端の波打ち際に放置された廃船、銀杏丸はあります。

Googleストリートビューや、Googleアースでも確認できますよ。

廃船までJR長崎駅から約20分、バス260円・タクシー2000円台

JR長崎駅からのアクセスは、バス停「長崎駅前」から「神の島」行きか「神の島工業団地」行き乗車21~23分、バス停「小瀬戸町」下車、260円、さらに徒歩4分です。乗車時に、小瀬戸町に停車するか、運転手さんに必ず確認してください。停車しなければ、運転手さんが教えてくれる代替案に従ってみてください。

便利なタクシーなら、JR長崎駅から長崎市小瀬戸町まで約20分、2120円(目安)です。1人では割高ですが、2人以上ならさほどではありません。交渉次第で、帰りを待っていてくれるかもしれません。

マイカーやレンタカーなら、鼠島公園に無料駐車場(13台)がありますので、そこに車を駐めてください。

非日常な滅びの風景、インスタで人気

廃船は長さは約20メートル。

操舵(そうだ)室の前方に「東京都」のプレート、後方には船名とみられる「銀杏丸」の文字、総トン数、船体番号も記載されています。

船尾には、クレーンが備えられています。他の船の錨(いかり)を揚げる作業に用いられたと見られていますが、実際や詳しい来歴などは不明です。

鼠島公園の先の海岸に錆び付いたまま、20年以上も放置されています。

地元住民にとっては、事故が起きかねない危険で迷惑な“厄介者”ですが、今にも崩れ落ちそうな“はかなさ”が人気で、インスタ映えのスポットとして人気です。

満潮時には、船体の半分近くが沈みます。

日が落ちて、月明かりに照らされる姿は非日常的な滅びの風景として、Instagramなどで格好の題材となっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

銀杏丸シリーズ #銀杏丸 #鼠島 #廃船 #長崎よかとこばい #ruins ーーーーーーーーーーーーーーー Location: 長崎市小瀬戸町 Day: 2018/02/10

Yoko Michi(@not_suger_woman_pic)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

打ち捨てられた#廃船 、#銀杏丸 🚢 . これは名のあるフォトジェニックスポットとやらにきっと違いないですぞと勝手に思っていたら、銀杏丸という名前も浸透していなかったという😅 . 船体を半ば砂に埋もれさせつつも、今の姿に至った経緯をご存知の方いらっしゃいますか?🕵 . location:#長崎県#長崎市 #長崎よかとこばい #nagasakigram #nagasakilovers#風景部門#長崎海lovers #しんわながさき #鼠島公園 ***** #olympus#omd#em5markii#mzuiko#mzuiko1240mm#オリンパス倶楽部#ミラーレス一眼#一眼レフ初心者#写真撮ってる人と繋がりたい#写真好きな人と繋がりたい

yusuke(@422045_life)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

#鼠島公園 #廃船 #長崎 #仕事中 #女神大橋 #造船所

T.Nakamura(@roma_stagram)がシェアした投稿 –

所有企業は解散、20年以上も放置

長崎県の長崎港湾漁港事務所によると、所有者は関西の会社です。登記簿の業務内容には、電気・土木関係の工事、船舶の売買などが記されています。

1997年10月から約半年、同社は、県内の港湾施設から、現在の場所に移動させました。

地元の方たちの話を総合すると、同社は、銀杏丸を転売目的で購入したものの、買い手が付かず、放置したと見られます。

移動前の港湾施設でも、係留の使用料は支払われていません。

長崎県は、これまで撤去を文書で命じてきましたが、同社は拒否しています。

「資力がない」「資金不足」

2015年3月、同社の経営者が亡くなりました。12月には、会社も解散。

その結果、所有者が不明となり、撤去できないでいます。

長崎県は、経営者の親族にも連絡を試みましたが、音信不通で、不首尾に終わっています。

「事故の恐れ」地元は再三、撤去を求め

地元住民らは再三、長崎県に撤去を求めてきました。

干潮時には、海岸から乗り込むことができるので、倒壊事故に巻き込まれる恐れがあります。

小瀬戸町木鉢浦(きばちうら)自治会の中ノ瀬近市会長は「事故があってからでは遅い」と訴えます。

「自治会で、県のほうにですね、毎年毎年『この船を撤去してください』と。(クレーンの)ワイヤが切断されて(部品が)落ちたら、大ケガするんですよね。だから、そうなる前に『早く撤去してください』と言うわけですよ」

また、毎年正月3日、近くの浜辺で、子どもたちの寒中水泳が行われます。廃船の前は、浜辺への通り道にもなります。

「1月3日にですね、市内の遊泳協会の子どもさんたちが寒中水泳するわけですよ。事故が起きてからでは遅い」

しかし、長崎県の試算では、処分費用は少なくとも1500万円はします。

所有者が不明の状態で、長崎県が代執行で強制撤去すれば、費用を全額、税金で賄うことになります。

言い換えれば、不法投棄物の処理費用を捨てられたほうが負担するわけで、捨てたほうは捨て得になります。

住民からは、税負担による撤去を求める声が根強いのも事実です。

「今後のことを考えれば、早く撤去したほうが危なくないし、税金でしてもらったほうがいいんじゃないですかね」

長崎港湾漁港事務所は、

「限られた予算の中で優先順位もあるが、処分に向けて検討したい」

としています。

北村一輝がオーナーの大阪マドラスカレー赤坂店に行ってみた!味や値段に行列は?

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください