ヴィンセント(東京国際大)の中学や高校に彼女は?箱根駅伝2020で区間新の秘密は












スポンサードリンク




箱根駅伝2020の3区で、東京国際大のヴィンセント選手(1年)が区間新の爆走を見せました。出身中学や高校、彼女に、強さの秘密などをリサーチしました。

スポンサードリンク

弾丸ヴィンセント、青学大・鈴木塁人が道を譲る

氏名:イエゴン・ヴィンセント・キベット(Yegon Vincent Kibet)
生年月日:2000年12月5日(19歳)
出身地:ケニア
学歴:チェビルベレク中学校卒業、チェビルベレク高等学校卒業、東京国際大学経済学部(偏差値35~40)1年在学中
身長:187センチ
体重:68キロ
血液型:AB型
宝物:テレビ
箱根の後でしたいこと:ケニアに戻って次のレースに備える
5000メートル:13分28秒17
1万メートル:27分47秒76
ハーフ:1時間2分23秒

まずは、ヴィンセント選手の激走をプレイバックします。

箱根駅伝2020、花の2区を8位で走り切った東京国際大の伊藤達彦選手=浜松商=からタスキを受け取った3区(21.4キロ)のヴィンセント選手。

タスキを受け取った瞬間、巨体が物凄いスピードで吹っ飛んでゆきました。まるでロケットです。

身長187センチ、他の選手よりは頭1つ大きい弾丸、ヴィンセント選手は、グングン、グングン、前のランナーたちを抜き去ってゆきます。

あっという間に先頭の青山学院大の主将、鈴木塁人選手(4年)に追い付くと、先頭をうかがいます。

次の瞬間、信じられないことが起きました。

先頭を行く鈴木塁人選手が、笑顔で、ヴィンセント選手に向かって、

「先にどうぞ」

というしぐさで、先頭を譲ったのです。

トップを行く優勝候補・青山学院大の主将が、とてもかなわない、俺は自分のペースで走りたいので先に行ってくださいと言わんばかりでした。

この衝撃的なシーンの後、先頭に立ったヴィンセント選手はアクセルを加速、もう手の付けられない速さで、ゴールの平塚中継所に飛び込みました。

従来の森田歩希選手(青山学院大)の区間記録1時間1分26秒を2分1秒も縮めた、区間新59分25秒。7人抜きです。

イエゴン・ヴィンセント、1年でいきなりエース

そんなヴィンセント選手は2000年12月5日、ケニア生まれ。

19歳にして、187センチ、68キロというワールドクラスの体格です。

中大OBの大志田秀次(おおしだ・しゅうじ)監督(57歳)が率いる東京国際大駅伝部に2019年4月に入学するや、ヴィンセント選手は実力を発揮。あっという間にエースに上り詰めました。

6月の全日本大学駅伝予選会関東地区予選会では、4組で1位。

7月のホクレン士別大会で5000メートル13分28秒17の自己ベストを打ち立てると、9月の日本インカレ5000メートルでは13分35秒75で優勝。

10月の箱根駅伝予選会では、全体3位の1時間2分23秒。東京国際大を首位で箱根駅伝本戦に導く原動力となりました。

11月の全日本大学駅伝では、ケニア出身のチームメート、ルカ・ムセンビ選手(1年)=仙台育英=に譲ったものの、満を持しての箱根駅伝2020に登場となりました。

その結果が、大幅な区間新。ヴィンセント選手は生まれて初めての駅伝で、大記録を打ち立てました。

来日当初、日本食になじめず

そんな“駅伝無双”のヴィンセント選手ですが、来日当初は日本食になじめず、ルカ選手の作ってくれるケニア料理を食べることが多かったとか。

「最近は、日本食にもやっと慣れてきました」

実は、ヴィンセント選手の卒業したチェビルベレク中・高を調べたのですが、Google検索ではヒットしませんでした。

代わりに、チェビルベレク・アスレチックス・クラブ(Chebilbilek Athletics Club)というクラブチームがヒットしました。

ケニアは全土で中高が約30校しかないのに、該当する中学、高校が見つからないのは実に不思議です。

もしかしたら、ヴィンセント選手はクラブチームに所属するプロのアスリートで、クラブから現地の中学、高校に通っていたということなのかもしれません。

日本でも、Jリーグのユースチームは、そんな感じですよね。

一夫多妻の国ケニア、ヴィンセントの彼女は?

ヴィンセント選手の彼女ですが、現段階では、よく分かりません。

ご承知の通り、ケニアは一夫多妻制の認められた国なので、すでに結婚していたとしてもおかしくはないですよね。

ただ、チームメートのムセンビ選手にケニア料理を作ってもらっているので、日本には単身で留学しています。

もしも妻や子がいたら、治安のいい日本にむしろ連れてくるはずなので、ヴィンセント選手は独身の可能性が高いですよね。

ただし、ヴィンセント選手が、宝物にテレビを挙げるぐらい、テレビっ子みたいです(笑)。なので、案外、アイドルが好きだったりするかもしれませんよね。

ヴィンセント時代の幕開けか、強さの秘密は?

ヴィンセント選手の強さの秘密は、やはり恵まれた強靱(きょうじん)な肉体です。

187センチという日本人離れした長身に、長い脚。強さと速さを兼ね備えた存在で、真冬の箱根でも強いのなら、夏のトラックでも強いでしょうね。

まだ1年生のヴィンセント選手。

これから3年は、ヴィンセント選手の時代が続くでしょう。他校は、青山学院大の鈴木塁人選手と同様、ヴィンセント選手と競り合わず、道を譲ったほうが賢明でしょう。

実際、箱根駅伝2020の往路は、青山学院大が結局、首位を奪い返し、5時間21分16秒の往路新記録でゴールしました(従来の記録は箱根駅伝2015のあの山学院大の5時間23分58秒)。

駅伝はやはり、みんなでタスキをつなぐもの。もちろん、個の力は大切ですが、チームの力はもっと大切です。

あす1月3日の復路が楽しみです。

宮下隼人(東洋大)の出身校や家族は?箱根駅伝の出場予想に彼女はいるの?

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください