箱根駅伝2020の選手登録や区間配置はいつ?往路と復路の最終エントリーの変更も!












スポンサードリンク




箱根駅伝2020のスタートが迫ってきました。チームの選手エントリーはいつ決まる? 往路と復路の最終の区間配置は? 緊急リサーチしました。

スポンサードリンク

公式サイトには、エントリー決定日時の記載なし

第96回箱根駅伝(箱根駅伝2020)のスタートが迫ってきました。

出場大学や選手の関係者、家族、縁者、友人らは、ヤキモキしているでしょう。

一般のファンの期待も高まっていることと思います。

ニッポンのお正月は、元日に初詣。家族そろっておせち料理にお餅(もち)を楽しんだ後は、翌日から箱根駅伝観戦。これが最も一般的な過ごし方ですよね。

でも、1月2日スタートの往路から3日の復路まで、全区間の全走者を見るという方は、陸上関係者でもなければ、あまりいないのでは。

いや、陸上関係者だって、お正月は年賀状に返事をしたり、年始の挨拶回りをしたりで、全レースを完全ウオッチする人は少数派だと思いますよ。

となると、重要になってくるのは、お目当ての、押しの選手が、どの区間を走るのか。

そもそも、お目当ての選手がチームのメンバーに入っているのか。

これによって、お正月の過ごし方が、全く変わってくるわけですね。

分かり易い例を挙げれば、早大の太田智樹主将(4年)と弟・太田直希選手(2年)。

浜松出身の2人のご家族、ご親戚、ご近所さん、恩師、友人らは、エントリーによって、全くお正月の過ごし方が変わってきてしまいますよ。

まさか、2人が必死に走っているときに、新年会を開いてもいられないでしょうし。

それ以前に、エントリーがいつ決定するのか、知っていなければ話になりませんよね。

そもそも、個人として出るか出られるか、まだ正式には決まっていないのですから。

ところが、箱根駅伝の公式サイトを見ても、主催の関東学連のサイトを見ても、日本テレビの中継サイトを見ても、どこにも載っていないんですよ。

これって、どうなんだろう、不合理じゃないですか。

<blockquote class=”twitter-tweet”><p lang=”ja” dir=”ltr”>「熱量ってのが勝負を決めることもある」<br>箱根駅伝総合優勝東海大学の木村駅伝主務による昨年12月10日のチームエントリー時の記者会見スピーチ全文がこれです。<br>いや、これくらいの熱量をもって仕事したい、私。<a href=”https://t.co/djMg353kvi”>https://t.co/djMg353kvi</a> <a href=”https://t.co/djMg353kvi”>https://t.co/djMg353kvi</a></p>&mdash; 須藤真一郎@おしゃれ食器コンシェルジュ (@oribe77ss) <a href=”https://twitter.com/oribe77ss/status/1082165253591453696?ref_src=twsrc%5Etfw”>January 7, 2019</a></blockquote> <script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

12/10選手登録、12/29区間配置が決定

なので、読者の皆様に代わって、取材して参りました。

公式サイトにも載っていない情報を今、ここで、告知しますよ

【チームエントリー】
12月10日(火)10:30締め切り

※出場21チームのは各16人を選手登録。この時点で、区間配置は決定していない。

【区間エントリー】
12月29日(日)10:30締め切り

※エントリー済みの16選手から、10選手を選択して走り順を決定。補欠は6人。

【往路・区間最終エントリー】
2020年1月2日(水)6:50受け付け

※東京・大手町のスタート地点で、往路の最終の選手変更ができる。

1月2日8:00往路スタート

【復路・区間最終エントリー】
1月3日(木)6:50受け付け

※神奈川・芦ノ湖のスタート地点で、復路の最終の選手変更ができる。

1月3日8:00復路スタート

登録選手の判明は翌12月11日に

というわけで、12月10日に出場21チームの登録選手16人、合計336人が決まるわけですね。

この時点で、選手登録から漏れた長距離部員は、緊急時を除き、原則的に箱根駅伝2020に出場できません。

選手たちにとっては、ある意味、予選会よりも、こっちのほうが正念場ですよね。

ここで16人に入れなかったら、俺は何のために4年間、長距離を走ってきたのか。

4年間で1度も、俺は箱根路を走れなかったのに、1年生で出走するヤツがいる!

悲喜こもごものドラマが毎年、繰り返されています。

チームエントリーを済ませた後は部長、監督、コーチ主将、主務がひたすら区間配置に頭を悩ませるはずです。

もちろん、最終決定権者は監督ですが、実際の選手のコンディションは、コーチや主将、主務がむしろよく知っているので。無視はできませんよね。

もう1つ。登録の締め切りが12月10日でも、一般に伝わるのは、翌11日付の読売新聞やスポーツ紙を見ることになるでしょう。

これは、区間エントリーも同様ですね。

陣容が判明したら、改めてお伝えするつもりです。

箱根駅伝2020の監督トークバトルのテレビ中継はある?登録選手発表会の見どころも!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください