西山和弥(東洋大)の出身中学や高校は?故障明け箱根駅伝2020は何区で予想順位も












スポンサードリンク




箱根路になると力を発揮する男、西山和弥選手(東洋大3年)。出身の中学や高校、上級生として初めて望む箱根駅伝2020の区間や順位予想をリサーチしました。

スポンサードリンク

1年生で、いきなりメンバー

氏名:西山和弥(にしやま・かずや)
生年月日:1998年11月5日(21歳)
出身地:大阪府
学歴:伊勢崎市立第一中学校卒業、東京農業大学第二高等学校(偏差値52~67)卒業、東洋大学総合情報学部(偏差値45.0~55.0)在学中
身長:167センチ
体重:53キロ
5000メートル:13分46秒95
1万メートル:28分35秒72
三大駅伝:

出雲 全日本 箱根
2017年度 1区5位 3区3位 1区1位
2018年度 2区6位 2区14位 1区1位
2019年度 1区10位 5区11位

好きな食べ物:白飯
性格自己分析:いじられやすい
好きな女性芸能人:ゆりやんレトリィバァ
実は〇〇なんです:敏感肌

人呼んで「箱根駅伝男」。

2017年4月に東洋大に入学するや、1年からいきなり主力に抜擢(ばってき)。

とりわけ、箱根駅伝は2017年度1区1位、2018年度1区1位と、2年連続で1区区間賞を取っています。まさしく「箱根駅伝男」。

もちろん、その下地はありました。

中学、高校時代から、全国レベルのランナーとして名前は鳴り響いていましたよ。

西山和弥は「箱根駅伝男」

中学時代は、トラック種目ではライバル・遠藤日向(えんどう・ひゅうが)選手(21歳)=福島県郡山市出身、住友電工=らに抑えられ、ついに日本一にはなれませんでした。

しかし、中学最後の2014年1月に行われた都道府県対抗男子駅伝の2区で、遠藤日向選手を破り、区間賞を獲得しました。

高校時代は3年連続で、全国高校総合体育大会の5000メートルに出場しました。

東洋大学に進学すると、自己ベストを更新し続け、いきなりメンバー入り。

秋の駅伝シーズンには、出雲駅伝に出場、1区で5位。

さらに全日本大学駅伝は、3区で3位。

満を持して、箱根駅伝2018では1区で、唯一の1年生としてエントリー。

六郷橋の手前で飛び出し、そのまま後続を突き放し、箱根駅伝2011の大迫傑(おおさこ・すぐる)選手(28歳)以来、7年ぶりに1区で1年生が区間賞を取りました。

翌年の箱根駅伝2018でも、西山和弥選手は1区でエントリー、2年連続の区間賞を取りました。

西山和弥選手の好スタートが功を奏して、東洋大はこの大会で、往路優勝を果たしました。

1区と言えばスタート地点で、いちばん華やかな区間です。独特の雰囲気にのまれるランナーもいますが、西山和弥選手は強心臓なのでしょうか、かえって得意にしています。

にしても、不思議です。箱根駅伝の走りを、他の大会でも見せれば、もっともっと凄い選手になっているでしょうに(笑)。

でも、他校の関係者から見れば、箱根で収まってくれているので、助かっている部分もありますよね(笑)。

とはいえ、箱根路の西山和弥選手は、テッパンです。

故障明け、不本意なレース続く

しかし、2019-20シーズンは、西山和弥選手にとって、厳しいシーズンとなっています。

7月に右脛骨(みぎけいこつ)を、疲労骨折。

ナポリ・ユニバーシアード(7月3日~14日)では、1万メートルに出場して8位入賞を果たしたものの、翌日から1カ月、西山和弥選手は練習もできませんでした。

痛みがひどく、本当は走れる状態じゃなかったのに、トレーナーさんの必死のサポートを受け、日本代表としての思いだけで、どうにか走り切ったんですね。

夏合宿の前半も走れず、後半から練習を再開。

9月に入って、徐々に調子を取り戻してきたところです。

10月の出雲駅伝で、西山和弥選手は1区にエントリーして10位。東洋大は3位。

 

11月の全日本大学駅伝では5区を走り、11位。東洋大は5位。

どちらも、西山和弥選手が本来の走りを見せられたら、東洋大はもっと上位に行けた大会でした。

その悔しさは、誰よりも、西山和弥選手自身が、ヒシヒシと感じているだろうと思います。

西山和弥は“持っている”男

さて、西山和弥選手の箱根駅伝2020のエントリー予想ですが、ズバリ1区です。

チームのために、他区に回る可能性もありますが、今シーズンは、西山和弥選手にとって回復期のシーズンです。

あまり無理をさせず、勝手知ったる1区を酒井俊幸監督(43歳)は、西山和弥選手に当ててくると思います。

予想の区間順位は、上位3位以内ぐらいでしょうか。本来の走力を取り戻せていたら、素ピートスターの西山和弥選手は、ぶっち切りで区間賞です。

でも、ご承知の通り、右足疲労骨折の故障が響いています。

疲労骨折自体は治っているとしても、基礎を積み重ねられないまま、ここまで来てしまっています。

いわば、急ごしらえです。走りも崩れてしまっているでしょう。

しかし、だからといって、今季を捨てシーズンにできないところが、人気の名門校、東洋大の弱みです。

東洋大は、常に結果が求められます。鉄紺に、捨て試合など絶対に許されません。

理屈抜きに走るしかないんです。

でも、たった1つだけ希望があります。

それは、西山和弥選手が“持っている”選手ということです。

西山和弥選手には、何か言葉では言い表せないものが付いています。

そのパワーで、箱根路を跳躍する可能性は大いにあります。

頑張れ、西山和弥選手。頑張れ、東洋大。

宮下隼人(東洋大)の出身校や家族は?箱根駅伝の出場予想に彼女はいるの?

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください