浦野雄平(国学院大)の出身中学や高校に彼女は?箱根駅伝2020は何区で順位予想も!












スポンサードリンク




箱根駅伝2019の5区で区間新をマークした浦野雄平選手(国学院大4年)。一躍スターダムに駆け上った新・山の神の中学・高校、箱根駅伝2020の予想や彼女をリサーチしました。

スポンサードリンク

寒ブリで有名、富山・氷見出身

氏名:浦野雄平(うらの・ゆうへい)
生年月日:1997年11月1日(22歳)
出身地:富山県氷見市(ひみし)
学歴:氷見市立南部中学校卒業、富山県立富山商業高等学校(偏差値46)卒業、國學院大學経済学部経営学科(偏差値57.5~60)4年在学中
身長:167センチ
体重:51.5キロ
好きな食べ物:焼き肉
性格自己分析:負けず嫌い
5000メートル:13分45秒94(4年)
1万メートル:28分25秒45(4年)
出雲駅伝:2019年3区3位(8.5キロ)23分57秒
全日本大学駅伝:
2019年2区(11.1キロ)3位31分38秒
2018年2区(11.1キロ)3位32分13秒
2017年1区(14.6キロ)8位43分45秒
2016年出走せず
箱根駅伝:
2019年5区(20.8キロ)1位1時間10分54秒
2018年1区(21.3キロ)2位1時間2分30秒
2017年6区(20.8キロ)17位1時間1分46秒

大学駅伝ファンで、浦野雄平選手の存在を知らない人は、誰もいないでしょう。

体重51.5キロのスリムな体に、通った鼻筋。

浦野雄平選手のイケメンぶりに、駅伝ファンのほかにも、女性ファンが殺到しています(笑)。

人呼んで、箱根の貴公子(プリンス)、浦さま。

そんな浦野雄平選手は、日本海沿岸の富山県氷見市の出身です。

氷見と言えば、寒(かん)ブリ。冬の日本海で取れるブリが有名です。

ご承知の通り、ブリは出世魚(しゅっせうお)で、大きさで名前が変わります。

イナダ→ハマチ(60センチ以上)→ブリ(80センチ以上)

浦野雄平選手も寒ブリが大好物です。

自宅で寒ブリを食べるときは「7、80cmくらいのを父や祖父が買ってきてさばいて食べる」んですって。

「食べ方はブリしゃぶです。本当に美味しいです」

浦野雄平は面食いで年上好き!?

浦野雄平選手は、富山県の氷見市立南部中学校を卒業しています。

高校は、富山県立富山商業高等学校に進学しています。

富山商は1897年創立で、120年以上の歴史を誇る伝統校です。春夏合わせて甲子園22回出場の野球部が強豪で、有名ですよね。

卒業生には俳優・西村まさ彦さん(58歳)、朝乃山英樹(25歳)らがいます。

浦野雄平選手は、高校時代から全国高校駅伝などで活躍しています。


浦野雄平選手は2018年1月から、Twitterを始めています。

しかし、ツイート内容は競技に関するものが主体で、あまりプライベートはうかがえませんね。

Instagramも、現在はやっていません。

なので、彼女の情報はありません。

しかし、好きな女性有名人は、乃木坂46の白石麻衣さん(27歳)を挙げています。

イケメンだけあって、面食いですね(笑)。

しかも、年上好き(笑)。寄せてきたなあ、熟女やお姉さまファンがほっておきませんって(笑)。

リアルの彼女さん情報が入ったら、アップしてゆきたいと思います。

選手が揃い、充実の国学院大

浦野雄平選手の所属する国学院大は2018年度、全日本大学駅伝6位、箱根駅伝7位と、いずれも過去最高の成績を収めました。

チーム史上初めて今シーズン、国学院大は、3大駅伝全てに挑みます。

口火を切った10月14日(月・祝)の出雲駅伝。国学院大は当初、5番手に挙げられていましたが、エース浦野雄平選手らの活躍で初優勝を飾りました。

1区の藤木宏太選手(2年)が5位でタスキを渡すと、2区の中西大翔選手(1年)は3位に順位を上げて、浦野雄平選手につなぎます。

前半最後の3区、浦野雄平選手は区間3位で順位を1つ上げて、4区に引き継ぎます。

5区・青木祐人、6区・茂原大悟の4年生選手が必死に食らい付いて4位キープ。

アンカーの主将・土方英和選手(4年)は区間賞をたたき出し、見事、1位でゴールインしました。

浦野雄平選手は区間3位に終わったものの、青山学院大の久保田和真選手(26歳、現・九電工)が2012年に打ち立てた区間記録24分11秒を上回る23分57秒でした。

区間2位の田澤廉選手(駒沢大)とのタイム差は、わずか3秒。トップの相澤晃選手(東洋大)との差は、11秒。激戦の競り合いの結果でした。


11月3日(日)の全日本大学駅伝では、国学院大は7位に終わりましたが(前回6位)、本来の力を出し切れなかっただけです。

エース浦野雄平、主将・土方英和、青木祐人の学生トップレベルの4年生3選手を擁し、有望新人・中西大翔、2年の藤木宏太各選手らを揃えた国学院大は、選手が揃い、充実期を迎えています。

ムラのある茂原大悟選手(4年)が実力を発揮して、あと数人大化けする選手が出たら、箱根駅伝で往路優勝はじゅうぶんにあり得ます。

部が目標にかかげる総合3位以内も、展開次第で視野に入ってきます。

今シーズンの国学院大は、楽しみです。

5区連覇へ、平成でも令和でも山の神

以上の状況から、浦山雄平選手は箱根駅伝2020でも、5区を走る可能性が濃厚です。

いや、95パーセント確実と言い切っちゃいましょう。

残りの5パーセントは、故障など何らかのアクシデントを考えてです。

よほどのことがない限り、箱根駅伝2020の5区は、浦野雄平選手が走るでしょう。

今シーズン、浦野雄平選手は関東インカレ2部の5000メートル、1万メートルで日本人トップを取りました。


7月には、両種目で、国学院大記録を打ち立てました。

9月の日本学生陸上競技対校選手権大会(日本インカレ)では5000メートルで5位13分58秒59、日本人2位でした。

浦野雄平選手の好調は、ずっと続いています。

この勢いで箱根駅伝2020になだれ込めば、結果は必ず付いてきます。

予想はズバリ、区間1位です。

トラックでは外国勢に勝てない浦野雄平選手ですが、箱根の山登り5区だったら、実力は必ず発揮できます。死角なしです。

令和初の箱根路も、平成最後の山の神、プリンス浦野雄平選手が快走を見せてくれるはずです。

頑張れ、浦野雄平選手、頑張れ、国学院大!

宮下隼人(東洋大)の出身校や家族は?箱根駅伝の出場予想に彼女はいるの?

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください