横浜高校の平田徹監督の嫁や子供は?部員に暴力で野球部長とクビ必至!後任は誰?












スポンサードリンク




野球の名門・横浜高校が、平田徹監督(36歳)と金子雅・野球部長(42歳)が部員への暴力でクビ必至です。2人の素行、嫁や家族、後任監督を緊急リサーチです。※10月1日、2人の解任、高山大輝コーチの「監督代行」を追記しました。

スポンサードリンク

ミスした選手の首を掴み、バットを投げ付ける

氏名:平田徹(ひらた・とおる)
生年月日:1983年5月10日(36歳)
出身地:横浜市
家族:独身?
学歴:私立横浜高等学校(偏差値41~53)卒業、私立国際武道大学体育学部(偏差値39~47)卒業
選手歴:2000年夏(8強)、2001年夏(4強)
指導歴:2006年、横浜高校コーチ。2010年、野球部長。2015年秋、監督。甲子園出場は2016年夏(2回戦)、2017年夏、2018年夏(3回戦)、2019年春。戦績3勝4敗

甲子園の名門、春夏5回の優勝を誇る神奈川県の横浜高校野球部で、大揺れ発生です。

9月26日(木)、野球部員らの告発で、横浜高校の保健体育教諭、平田徹監督(36歳)と責任教師、金子雅・野球部長(42歳)の度重なる部員への暴力、暴言、素行不良の疑いが発覚したのです。

学校側は、調査に乗り出しました。

野球部は当面、練習や対外試合は自粛です。

野球部員の告発によると、2人は日常的に、部員への暴力、暴言を繰り返していました。
列挙すると――

平田徹監督には、直接の暴力疑惑。

・ミスをした選手の首を、両手で掴んだ
・怒って、バットを選手に投げ付けた

金子雅野球部長は、暴言疑惑が掛けられています。

・日常的に「殺すぞ!」「クビだ!」と暴言を吐いていた

以上の告発を受けて、2人は実質的に謹慎。野球部は練習や対外試合を自粛させられています。

左腕エース、及川雅貴(およかわ・まさき)投手(3年)がプロ志望届を提出すると表明した直後、何ともやり切れない疑惑の噴出です。

「平田徹監督? 現役時代の印象は全くない」

いったい、横浜高校では、何が起こっていたのか。

以前にも、取材に応じてくれた神奈川県の元私立強豪校の球児、Aさん(30代)に話を伺いました。

Aさんは、年齢的に、平田徹監督とカブる世代です。今も昔も高校野球が好きで、母校の練習を、しょっちゅう見に行ってます。

春・夏・秋の県大会には、必ず球場に足を運びます。また少年野球の臨時コーチを頼まれて務めたり、バッティングセンターでの個人指導も行ったりもしています。

早速、Aさんに電話で話を伺いました。

――横浜高校で、平田徹監督と金子雅・野球部長に暴力疑惑が発生しましたが。

「聞きました。横浜は昔っからヤンチャな学校だけど、愛甲猛(あいこう・たけし)さん(57歳)の頃(1978~80年度)と、まだ同じことをやってるのかと、呆(あき)れましたね」

――同世代の平田徹監督は、ご存じですか?

「直接の知り合いではありません。ただ、大会ではよく見かけますし、あれほどマスコミに持てはやされる“スター監督”ですから。ちょっと信じられないですね。信じたくないです。フツーの学校と違って、横浜は、U15日本代表だった子たちが入ってくる学校ですよ。フツーにやれば、フツーに育つだろうって。大阪桐蔭の西谷浩一(にしたに・こういち)監督(50歳)みたいに、練習は子どもたちに任せて、伸び伸びとやらせればいいだけなのに」

――平田徹監督は、スパルタで厳しい監督さんなんですか。

「昔と違って、今は、そういうの、あんまりないですよ。試合で、ふがいなく負けて『お前ら、やめちまえ』って怒ったら、今の子は、本当にやめちゃいますから(笑)。親の意識も変わりました。ましてや、横浜高校は、野球部のグラウンドや練習場に、しょっちゅうマスコミが取材に来る有名校でしょう。何してんだって感じですよ」

――平田徹監督本人は、スパルタな環境で育ったんじゃないですか。

「とまあ、皆さん、言いますけどねえ。実はですね、高校時代の平田徹監督の記憶がないんですよ。周りに聞いても、みんな、同じなんですよ(笑)。高3の夏に、1年生だった成瀬(善久、オリックス投手)、荒波翔(元横浜外野手)、元巨人の円谷(英俊、内野手)らと甲子園に出て、準決勝まで行ったって言うんでしょ。でも、平田徹の記憶は、全くないんですよ」

――Wikipediaによると、ポジションは捕手です。

「当時の横浜のエースは畠山太で、日大から社会人に行ったかな。キャッチャーは福井だったと思う。でも、平田徹って……そんなの、いたかなあ。最初、阪神の平田(勝男、60歳)かと思ったほどですもん(笑)」

――松坂大輔の後の代で、国際武道大学に進んでますけど。

「それ、それ。横浜高校のメンバーで2回も甲子園に出て、国際武道大学に進むって……大したことのない選手だったんじゃないの。下手したら、横浜の野球部で、いちばん野球の下手くそなのが、平田監督かもしれないです(笑)。いや、マジで」

――監督としての手腕は、いかがでしょう。

「ハッキリ申し上げて、ダメでしょう。及川がエースで、キャプテンが内海(貴斗)で、甲子園で初戦負けなんですから。センバツの明豊との試合でも、見ていて、平田監督の采配には何度も首をひねりましたよ。4点差で余裕なのに3回表、明豊の攻撃に浮足立って、及川を代えた。結果的に大量失点につながって、傷口を広げました。あそこは、我慢して、及川に続投させるべきだったでしょう」

――終わってみたら、13-5で敗れました。

「出て来るピッチャー、出て来るピッチャー、みんな打たれてね。他のピッチャーが通用しないのなら、エースと心中すべきでした。2018年夏の金足農に負けた試合は、逆に板川を引っ張りすぎて、及川を使わなかった。いったい、何、考えてるんだろう。平田監督は、頭が悪すぎますよ。だから、投手の交代を誤り、部員に暴力を振るうんでしょう」

愛甲猛の語る横浜「1年はゴミ、2年は人間、3年は神様」

Aさんとの話に出た愛甲猛さんは、神奈川県逗子市(ずしし)の出身。

逗子市立久木(ひさぎ)中学校から1978年4月、授業料免除の野球特待生で、横浜高校に入学しました。

左腕投手として1年からエースとなり、高1の夏、甲子園に出場。3回戦で県岐阜商に3-0で完封負けしました。

地元に帰ってからは好き放題、悪いことは全部やったそうです。もう1人の野球部員と一緒に合宿所を出奔(しゅっぽん)。

1カ月にわたって不良仲間の家を泊まり歩き、最後は警察に保護されて合宿所に戻りました。

おかげで、高2は春夏とも甲子園出場なし。3年になって本気で甲子園での優勝を目指して、悪さを断ちました。

1980年、高3の夏、愛甲猛さんの横浜高校は決勝で、1年生エース荒木大輔さん(55歳)の早実を6-4で下し、見事に優勝しました。

秋のドラフト会議では、ロッテから1位指名。

しかし、卒業間際になって、自らの暴行事件が発覚。横浜高校は対外試合禁止の処分を受け、出場が決まっていた春のセンバツに出られませんでした。

愛甲猛さんは、後輩の野球部員たちに向かって土下座して謝罪。そのシーンを写真週刊誌が報じたりもしました。

そんな愛甲猛さんですが、横浜高校時代のいじめ、しごきについて、自伝で振り返っています。

「他の学校は知らないけど、自分の時代は、1年生はゴミ、2年生は人間、3年生は神様。

3年生から『コーラ買って来い』と言われ、平仮名で『せんえん』って書かれた紙キレを握りしめて買いに行ったヤツもいた。

砂利の上に正座させられての説教なんて日常茶飯事。自分が入学する前の出来事だと、コーラの王冠を後輩の頭の上に載せて、王冠目がけてシューズでパッカーンと殴る先輩もいた」

遠征のときは、ドカンという超極太の学生ズボンを穿(は)いてゆく。

試合前の整列では、相手より後に集合。相手をガン見して、相手が引き揚げるまで引き揚げない。

「掃除当番など正当な理由があったとしても、先輩よりも後から(部室に)来た者は頭の上に熱々のカレーうどんを載せられるなどの懲罰を受けた」

「帰宅部の生徒が体育の授業中に粋がった態度を取っていたら、教員がいきなり授業をボクシングに変更し、ボクシングの名目でその生徒を殴った」

いやはや、何とも、凄まじい話ですよね。

こんな“部風”が21世紀にも続いて、今回の不祥事が起こったのでしょうね。

後任は、上田誠・前慶応監督ら浮上

横浜高校では、三原馨・校長代理(58歳)が中心になって、全部員からヒアリングを行い、処分を決定します。

日大アメフト部の例を見ても分かる通り、平田徹監督と金沢雅・野球部長の更迭は不可避でしょう。

問題は、後任です。

2018年5月に起こった日大アメリカンフットボール部の反則タックルでは、内田正人監督(64歳)と井上奨コーチ(30歳)は、大学職員の立場を懲戒解雇されました。

後任には、外部の監督、コーチが就きました。おそらく、今回の横浜高校の不祥事も、それに準じた展開になるのではないでしょうか。

候補者は、やはり神奈川県の高校野球を知り尽くしたベテランで、これまでの横浜高校の指導法とは全く別の理念を持つ指導者です。

かといって、渡辺元智(わたなべ・もとのり)さん(74歳)の監督時代(1968~2015年夏)みたいに勝利至上主義ではダメです。

最前の話にも出ましたが、愛甲猛さんは横浜高校時代、極めつきの不良でした。渡辺元智監督も、ほっておくだけでした。

すぐに、数人の監督が頭に浮かびました。桐蔭学園の土屋恵三郎(つちや・けいざぶろう)元監督(65歳)、東海大相模の村中秀人(むらなか・ひでと)前監督(61歳)、慶応の上田誠(うえだ・まこと)前監督(61歳)です。

とりわけ、上田誠さんは2019年6月、日本高野連の育成功労賞を受けています。

神奈川県立湘南高校から慶大経済学部に進み、野球を続けた上田誠さん。

桐蔭学園野球部の副部長、県立厚木東監督を経て1991年秋、慶応高校の監督に就任。

「エンジョイ・ベースボール」の理念を掲げて、部員の自主性を重んじた野球を実践してきました。

2015年に監督を勇退するまでの24年間で、春3回、夏1回の甲子園出場を果たしています。甲子園で通算5勝4敗。

とりわけ、2005年には慶応高校を45年ぶりに春のセンバツに出場させて8強。

2008年夏の90回記念大会では、慶応高校は北神奈川代表として出場し、4強入り。準々決勝では浦添商(沖縄)に延長10回で4-3と惜敗しました。

このときは、南神奈川代表として出場した横浜高校も4強入り、準決勝で優勝した大阪桐蔭に9-4と敗れています。

現在、神奈川学童野球指導者セミナーで、上田誠さんは、渡辺元智さんと共に世話人を務めています。こんなところでも、ご縁があるんですね。

3人とも現在、他校で野球を指導していますが、星槎国際の監督をしている土屋恵三郎さん、東海大甲府の監督をしている村中秀人さんに対して、上田誠さんは慶大野球部の外部コーチで、比較的、就任しやすいです。

後任の最有力に、上田誠さんが浮上しても不思議ではありませんね。むしろ、最適任者ではないでしょうか。実際、横浜高校もリストアップしているはずです。

そういえば、横浜高校のユニフォームは、慶応高校・大学と同じグレーです。

上田誠さんなら、横浜高校のユニフォームも、きっと似合いますよ。

高野連のコンプライアンスにもかなう人事、何よりも横浜高校で野球をやる部員たちに取って、上田誠さんの監督就任は朗報になるのではないでしょうか。

平田徹監督の嫁や家族は?

最後に、平田徹監督の嫁や家族の情報をリサーチしたんですが、これが全くヒットしないんですね。

どうやら、平田徹監督は独身みたいです。一説には、合宿所で自分も泊まり込むで暮らしているとか。

家庭を持たない、子育て経験のない平田徹監督の未熟さが、野球部員への暴力に出たのではないでしょうか。

サイン盗み・香水・握手拒否、高野連での評判も最悪

校内だけでなく、校外の高野連での評判も最悪です。

「甲子園での取材は立って受けることになっているのに、平田監督はベンチに座って、ふんぞり返って取材を受けています。高野連の関係者が注意すると『腰が痛いのに』とふてくされた態度を取る。帽子も被らなければ、ユニフォームで香水の匂いをプンプンさせて、高野連から注意されています」

「2019年春のセンバツ、1回戦の明豊戦で、平田徹監督は、二塁走者のサイン盗み疑惑で、高野連に謝罪しています。

横浜が攻撃中の3回2死二塁。打席に6番・及川の場面で、二塁走者が投球直前にヘルメットを触るなど、相手バッテリーのサインを伝達しているような動きをした。これを見た球審が、二塁走者に歩み寄り、注意しました。その前から、明豊のキャッチャーから、アンパイアに指摘がありました」

いやはや、何とも。

ちなみに、13-5で横浜が敗れたその試合、試合後の整列で、明豊の選手らの差し出した手を、ほとんどの選手がソッポを向いて、ベンチに戻りました。

この光景に「失礼だ」と批判されましたよね。

「地方大会では、平田監督が香水を付けているのをマネして、選手たちまで香水を付けてプレーしていて、高野連に注意されています」

ちなみに、金沢雅・野球部長は横浜高校時代、応援団に所属していました。

2019年7月、地元紙のインタビューで、平田徹監督は、こう答えています。

「今の子どもたちは、向き合えば『自分を認めてくれた』と心を開いてくれる。のびのびとプレーするチームに変えないと衰退する。もっとわくわくさせられれば才能を開花できる。指導法に変革を起こしたい」

横浜高校の再出発は、旧体制からの刷新が第一歩でしょう。

※2019年10月1日追記

横浜高校は9月28日、平田徹監督(36歳)と金子雅硬式野球部長(42歳)の解任を発表しました。

また9月28日付で、高山大輝コーチ(28歳)の「監督代行」就任も発表しました。

高山大輝コーチは2007~2009年度に横浜高校に在籍。

横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智外野手(27歳)と同期、3年時はともに主軸を務めていました。

2008年春のセンバツ出場。2008年夏の甲子園4強。

創価大から航空自衛隊千歳基地勤務を経て2019年から、コーチに就任。

野球部長(責任教師)については未定で「速やかに決定する」としています。

横浜の及川雅貴の出身中学や家族は?ドラフト球団の指名の予想も!

 

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください