岡林優空(ひなた)くん水死は事故か事件か?父親が真相を求めてTwitterで告発!












スポンサードリンク




高知市の下田川で8月に水死した岡林優空(おかばやし・ひなた)くん(7歳)。父親がTwitterで事件の可能性を告発しています。事故か事件か、緊急リサーチです。

スポンサードリンク

友達と川遊びで不明、翌日に遺体発見

水難事故が起こったのは、8月22日(木)です。

高知市仁井田(にいだ)の下田川(しもだがわ)で、高知県南国(なんごく)市の市立稲生(いなぶ)小学校2年、岡林優空くん(7歳)が行方不明になりました。

午後7時半頃、父・宏樹さんから南国署に通報がありました。

「息子が帰ってこない」

高知東署の調べでは、岡林優空くんは午後1時頃から、友人ら合計5人で川遊び中に、おぼれたと見ています。

高知東署と消防で、付近を捜索していたところ、翌8月23日(金)午後4時20分頃、最後に目撃された場所から下流に約30メートルの川で、心肺停止状態で発見されました。

発見時、優空くんは、うつぶせで川に浮いていました。

報道によりますと、現場にいた友人の1人は、次の通りに証言しています。

「夕方頃、川で流されるのを見た。遊んではいけない場所だったので、怒られると思い、怖くなって帰った」

また、別のメディアは、友人のこんな発言も報じています。

「ラッコ泳ぎをしていたら、沈んでいった」

このニュースは、私も発生直後から見ていました。

私は岡林郵空くんとは縁もゆかりもありませんが、人ごととは思えず、とても心配で、心配でたまらなかったんです。

なぜか、は――ご容赦ください。私の周りにもかつて、同様の出来事があったからとだけ、申し上げておきます。

夏休みに小学生、とくに男の子が行方不明になることは結構あります。でも、決して全てが絶望的ではなく、中には無事に生還する子もいます。

仕事も手に付かず、続報を気にしていたのですが、祈りは届きませんでした。

翌日の夕方になって、下田川の下流でうつぶせで浮いているのが発見されました。

水死の人は、だいたい、うつぶせで浮かんでいる状態で発見されます。

人間の手足は前方に突き出ています。つまり、水面では手足を水底に向けた状態で、つまり、うつぶせで浮くのがナチュラルなんですね。

人体は、水より比重が軽いので、基本的に浮きます。浮かばないのは、水底に引っ掛かっているか、複雑な水流に巻き込まれているか、などです。

通常は、手はW形で、足はM形で、カエル状の体勢で発見されることが多いですね。

これは、東日本大震災の津波で亡くなられた方たちも、だいたい、そうでした。

全身の血の気がなくなって、本当に真っ白な状態です。

発生の翌日に発見されたことから、死後硬直は起こっていたと思われます。

想像しただけで、痛ましい姿ですね。

改めて、合掌させていただきます。

岡林優空くんの父がTwitterで告発

ここまでは、夏にしばしば起こる子どもの水難事故の1つでした。

メディアも一斉に、報じました。

「優空くんは、心肺停止状態で発見された」

常識的には、警察官や消防署員は、人間の死を確認できませんから、医療機関に搬送されて心停止、すなわち死亡を宣告されたと思います。

検視した医師は、おそらくかかり付け医ではないでしょうから、死亡診断書ではなく、死体検案書を書いたはずです。

死亡時刻は「令和元年8月22日午後1時」と記し「分」の欄は空白で、末尾を(推定)としたでしょう。

死因の種類は、外因死→不慮の外因死→4溺水(できすい)としたでしょう。

これで、ご家族は南国市に死亡届と死体検案書を提出し、火葬許可証を受け取ったでしょう。

ここまでは、ありがちな夏の水難事故です。

しかし、岡林優空くんの場合は、特別でした。

優空くんの父・岡林宏樹さんが、一連の報道に違和感を覚え、SNS上で心情を吐露し、真相究明のために、世間から広く情報を求め始めたのです。

以下は、岡林宏樹さんのTwitterを引用します。

「川に沈んだ」6時間もだんまり

一連の出来事を、ドキュメントにまとめてくれた方もいます。

分かり易く、出来事を再現したいと思います。

岡林優空くんは8月22日(木)午後1時頃、遊びに外へ出かけた。

目撃情報によると午後2時40分~3時20分の間に、優空くんは、下田川に沈んで、見えなくなった。

午後3時20分、友人たちは自転車で、優空くんの自転車も一緒に、引き揚げた。

午後5時半頃、家族が優空くんの不在に気付く。父・宏樹さんが近所や友人宅を尋ね歩く。

午後7時半頃、宏樹さんが南国署に捜索願を提出。

午後9時20分頃、居合わせた子どもから「下田川で、1人でラッコ泳ぎをしていた優空くんが沈むのを見て、怖くなって帰った」と証言。

つまり、午後3時20分→午後9時20分までの6時間、優空くんが沈むのを見た子どもは沈黙していたことになります。

6時間ですよ、6時間。

そんなに長い間、こんなに大事なことを黙っていた、話さなかったなんて。

あまりにも不自然です。

こういうの、隠していたと言うんじゃないでしょうか。

「隠す」の定義は一定していませんが、常識的に6時間も黙っていたら「隠していた」と取られても仕方ないでしょう。

私はかつて、スマートフォンを落としたことがあります。GPSで検索したら、ある家にあると分かったので、警察に相談に行きました。

すると、応対した警察官が答えたのです。

「これだけでは、あなたのスマホを盗(と)ったことにはなりません。なぜなら、この人は、拾ったスマホを、後で届け出ようと考えているかもしれないからです」

私は、アタマに来て、警察官に食い下がりました。

「では、どのぐらいの期間が過ぎたら、この人は、私のスマホを盗ったと言えるのでしょうか」

警察官は、少し歯切れ悪そうに、

「おおむね24時間以上、占有状態が続いたら、それは『盗った』ことになります」

24時間、人の物を持ち続けたら、それは泥棒。

では、6時間、事実を伏せていたら、それは「隠した」ことになりませんか。

この問題、実に根が深いです。

到底、この記事だけでは説明し切れません。

個人的には、事故だけではないと、思えています。

いったい、何があったのか、真相を知りたいと思います。

新事実が判明次第、アップしてゆきたいと思います。

また、何か情報をご存じの方は、上記のTwitterアカウント「@maeken0084」さんまで、ご一報願います。

木内真璃奈(まりな)のWiki風プロフ!放火で逮捕された東大生の交際相手の男は?

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください