U18・細谷まり(通訳)のWiki風プロフ!ベンチのオレンジの女神の学歴や家族に球歴は?












スポンサードリンク




U18野球W杯で、スーパーラウンド進出を決めた日本。勝利の原動力は、ベンチの中のオレンジの女神・細谷まりさん。Wiki風プロフや学歴、家族、球歴を調査しました。

スポンサードリンク

ベンチの中、オレンジの勝利の女神

氏名:細谷まり(ほそや・まり)
年齢:31~36歳?
職業:日韓通訳
出身地:東京?
学歴:大学
球歴:中学時代にソフトボール部、韓国留学中に現地チーム、都内の軟式野球チーム

韓国・釜山(プサン)の北郊、海沿いの街・機張(キジャン)にある現代(ヒュンダイ)ドリームボールパークで行われているU18野球W杯。

日本代表は9月3日(火)、スーパーラウンド(SR)進出を懸けて、強豪パナマと対戦しました。

前日の9月2日(月)、台湾戦では降雨コールドで涙を飲んだ日本代表。一転して、今度は5-1で6回降雨コールド勝ちで、SR進出を決めました。

試合が動いたのは5回でした。

1-1で迎えた5回裏2死一、三塁のチャンス。右打席に立ったのは4番・石川昂弥(いしかわ・たかや)三塁手(東邦3年)。ピッチャーは代わったばかりの2番手スアレス。

3-2のフルカウントからの一球を、石川昂弥三塁手はフルスイング。打球は高い軌道を描いて、レフトスタンドに落ちました。

勝ち越し3ラン!

ダイヤモンドを回る三塁走者・森敬斗(もり・けいと)中堅手(桐蔭学園3年)、一塁走者・韮沢雄也(にらさわ・ゆうや)一塁手(花咲徳栄3年)、石川昂弥三塁手。

3人をベンチで飛び跳ねて迎える女性の姿を、TVカメラが大写しにしました。

オレンジのキャップに、オレンジのポロシャツ。人呼んで、日本代表の“勝利の女神”細谷まり通訳です。

いつも通り、目立つ、目立つ、目立ちますよねー。

日本代表のベンチの中の紅一点。いや、オレンジ一点。

むさ苦しい男たちの中で、後ろでくくったポニーテールが揺れる、揺れる。

オレンジのポロシャツの背中には、英語で“Volunteer(ボランティア)”と書かれています。

そう、U18侍ジャパンの通訳・細谷まりさん、オレンジ色の憎い奴(笑)、通称“勝利の女神”です。

毎回、毎回、テレビに映し出される姿に、

「あの人、誰?」
「何で、オバサンがベンチにいるの?」

との声が日増しに高まっております。

そこで、改めて、細谷まりさんのプロフィールをリサーチしてみました。

細谷まり、韓国留学中に野球チーム入り

U18野球日本代表の公式サイトを見ても、細谷まりさんは載っていません。

それもそのはず、正規のメンバーではなく、あくまでも代表から委嘱されたボランティアの通訳さんなんです。

しかし、野球W杯に派遣される通訳さんですから、野球の専門用語(テクニカルターム)を使えなければなりません。

簡単そうに見えて案外、難しいですよ、野球の言葉は。

「レフト遠藤成(えんどう・じょう)に代えて、宮城大弥(みやぎ・ひろや)」

日本語では簡単に言えても、例えば、英語なら、どう言ったらいいんですか!?

ブロークンイングリッシュで、どうにか選手交代は伝えられても、微妙なジャッジでリクエストするとか、抗議するとかを英語で、ましてや韓国語で伝えるのは大変なこと。

そのために選ばれた専門の通訳が、細谷まりさんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

『楽しげなベンチの様子』 ~ホッコリ動画②~ 5戦目‼︎ 日本vsパナマ戦 雨で試合中断中〜 浅田君が誰かのバッティングモノマネを… それを見て、大笑いする選手たち。 何よりも、水上君が一番楽しそう🎶✨😄 #u18野球ワールドカップ #u18日本代表 #高校日本代表 #侍ジャパンu18 #日本vsパナマ #ベンチの様子 #明石商業 #水上桂 #水上君 #有明 #浅田将汰 #浅田君 #モノマネ #爆笑 #ホッコリ動画 #みんなに見せたい #共感したい #残しておきたい瞬間 昨日のパナマ戦では、日本チームに雨が味方に…⁉️ 連戦、連日雨の中〜 西君の素晴らしい投球… 選手たちの粘り強い攻撃… 石川君のスリーランホームラン大活躍… 本当に素晴らしい試合でした✨ パナマ戦… コールド勝利‼️ スーパーラウンド進出✨ ホントにおめでとぅ㊗️ スーパーラウンドでは、さらに厳しい闘いが続くけど〜 今まで通り、日本チームらしい試合で〜 皆んなの目標‼︎ 『世界一』を〜‼︎✊🏻😊✨ #そろそろ観たい #奥川君の登板 #佐々木君の登板

ヨチヨチさん(@miruky_coco_happy)がシェアした投稿 –

中学時代はソフトボール部

細谷まりさんは、中学までソフトボール部に所属していました。

ソフトボールは、米国と日本のお家芸ですからね。中学校レベルと言っても、日本の場合、かなり高レベルです。

もしかしたら、細谷まりさんは、ご自身でも、野球をやりたかったのかもしれませんね。
高校では、ソフトボール部を続けなかったみたいです。それらしき情報がありませんので。

ただ、高校レベルになると、日本のソフトボールは相当なレベルになります。そのまま、実業団に直結、五輪へ――というコースになります。

マイナー競技である分、各チームとも人数を絞らなければならないので、男子の高校野球みたいに、やりたい人は全員やれるというわけにはいきません。

なので、細谷まりさんは、高校ではソフトボールはしていないのかなと思います。

大学時代に韓国留学

大学時代の2007年、細谷まりさんは韓国に短期留学します。

「当初は、韓国に住むつもりで」

韓国の魅力にはまった細谷まりさんは、2009年から現地の野球チームに入り、男性に交じって投手、二塁手としてプレー。

「チームに、女性がプレーヤーとして入ることが、初めてだったみたいで(笑)。加入の手続きをしてもらい、一緒にプレーしました」

2009年と言えば、3月に第2回のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のあった年。

第2ラウンドの2回戦、4-1で日本代表に勝った韓国代表は、東京ラウンドでの1位決定戦に引き続き、マウンドに国旗を立てて大喜びしましたっけ。

イチロー選手(45歳)がキレて、田中将大(たなか・まさひろ)投手(30歳)が旗を抜きに行こうとしましたよね。

何とも、後味の悪いゲームセットでした。

そんなアゲンストのムードで、完全アウェーの韓国で野球チームに入るんですから、細谷まりさんは、物凄い“豪傑”です。

あ、女性に対して“豪傑”は失礼ですか? でも、何て言えばいいんだろ?

それはそうと、2020年に帰国後も、細谷まりさんは、東京都内の軟式野球チームに加入して、野球を続けています。

根っからの野球好きなんですね。

もちろん“本業”の通訳も順調です。

今回のU18日本代表のほか、韓国で国際大会が開かれるたびに、日本チームに帯同して、韓国語通訳を務めています。

通訳のとき以外にも、練習では球拾いや一塁カバーなど、練習を手伝っています。

8月30日(金)のスペイン戦の試合前、細谷まりさんはブルペンに立ち、水上桂(みずかみ・けい)捕手(明石商3年)のミットに直球やカーブを投げ込み、チームのムードを盛り上げました。

通訳の女性に、ピッチングを見せつけられて、ドラフト候補の若者たちが燃えないわけがありません。

日本代表は、難敵スペインに4-2と逆転勝ち。そのときも、ベンチの最前列で祈り、打った瞬間には飛び跳ねて喜ぶ細谷まりさんの姿がありました。

その頃から、細谷まりさんの存在は、有名になってゆきましたよね。

細谷まりさんは、試合中には応援するだけではなく、ベンチの中で片付けや、備え付けの冷蔵庫からドリンク出しを手伝っていたりします。

とにかく、マメで、気の利く女性なんですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

『水上君の可愛い行動♡』 ~ホッコリ動画③~ 4戦目‼︎ 日本vs台湾 最終的に水上君、奥川君を引っ張り寄せ〜 奥川君も横にちょこん♪…水上君の行動に思わずキュン💓\(//∇//)\💕 #u18野球ワールドカップ #u18日本代表 #高校日本代表 #侍ジャパンu18 #星稜 #奥川恭伸 #奥川君 #明石商業 #水上桂 #水上君 #ホッコリ動画 #可愛すぎる行動 #みんなに見せたい #共感したい #残しておきたい瞬間 今日の台湾戦… 雨の影響〜 選手たちの安全面を考えて、5回でコールド終了‼︎ 日本に初の負けが… あのまま試合をしていれば、勝てていたかも⁉️だけに、痛い負け。 明日の試合は、絶対に負けられない試合‼︎ ここは気持ち切り替えて〜 明日は勝利を‼︎✊🏻😊

ヨチヨチさん(@miruky_coco_happy)がシェアした投稿 –

年齢は31~36歳、独身?

細谷まりさんの学歴ですが、大学に進んだことしか分かっていません。2007年に韓国に短期留学した後、復学して卒業したかどうか、ハッキリしません。

常識的には、短期留学なので、復学して卒業したと思うのですが。

生年月日や年齢も、女性だけに公表していないようです。

ただ12年前の2007年に大学生だったので、現在は31~36歳でしょうね。

失礼ですが、画像を見ると、それぐらいのお年に見えます(笑)。

17~18歳の選手たちにとって“お母さん”ほどではありませんが“叔母さん”ぐらいの年代でしょうか(笑)。

あんまり、女性の年齢を突っ込むと怒られそうなので、これぐらいにしておきます。

結婚しているか、独身なのかも調べましたが、はっきりした答えは出ませんでした。

しかし、U18日本代表チームに長期間帯同しているので独身、結婚していても小さいお子さんはいないと思われます。

家族情報など分かり次第、アップロードしてゆきますね。

細谷まりさんが、これまで帯同してきた日本チームは全部、優勝しています。

「今大会もぜひ、優勝してほしい」

日本代表の“勝利の女神”、オレンジの細谷まりさんが躍動して、日本代表を必ず勝利に導きます。

U18のベンチの女性は誰?オレンジのキャップにポロシャツで選手と距離感が近い!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください