「ポケモンスリープ」のリリースはいつ?睡眠をゲームにするアプリの詳細を先取り












スポンサードリンク




「ポケモン スリープ」が発表されました。睡眠をゲームにする新作アプリの詳細などを先取りリサーチしてみました。

スポンサードリンク

iPhoneとアンドロイド向け、2020年リリース

5月29日に行われたポケモン株式会社の「ポケモン事業戦略発表会2019」。

「睡眠をエンターテイメントにする」とのコンセプトで、新作アプリ「ポケモンスリープ(Pokemon Sleep)」のリリースが発表されました。

開発を担当したのは、2017年に「はねろ!コイキング」を手がけたセレクトボタン(SELECT BUTTON)です。

iPhone(iOS)とアンドロイド(Android)向けに、2020年にサービス開始予定です。

「朝起きるのが楽しみになるゲーム」とのことですよー。

「ポケモンGO」では、人々の歩く時間、移動時間を見事にエンターテインメントに変化させたポケモン。

今度は、睡眠・休息時間を、どのようにエンターテインメント化するのか、とっても楽しみですよね。

ポケモン株式会社は、Android/iOS用アプリ「ポケモンスリープ」を2020年に配信し、あわせて、対応デバイス「ポケモンGO Plus プラス」を提供すると発表しました。

念のため、書き間違いじゃないですよ。通常の「ポケモンGO Plus」に加えて「ポケモンGO Plus プラス」がリリースされますからね。

そこら辺を早とちり、勘違いしないでくださいね。

「ポケモンスリープ」は、寝た時間や起きた時間、睡眠時間などをエンターテインメント化し、「朝起きるのが楽しみになるゲーム」をコンセプトにしています。

「はねろ!コイキング」で知られるSELECT BUTTONによって現在、タイトルの開発が進行中です。

「ポケモンGO Plus プラス」は昼は「ポケモンGO Plus」と同じように使用でき、夜は枕元に置くことで、内蔵された加速度センサーにより睡眠時間を計測。

結果を、Bluetooth(ブルートゥース)でスマートフォンに転送できるデバイスです。

「ポケモンスリープ」詳細は明かされず


「歩く」の次は「睡眠」に注目だ。

“歩く”という人間の基本的な動作をエンターテインメントに成立させたポケモンGO。

今度の新作アプリは、睡眠のエンターテイメント化を目指す「ポケモンスリープ」です。
ゲームの詳細は明らかにされませんでしたが、コンセプトは「朝起きるのが楽しみになるゲーム」「寝た時間と起きた時間をエンターテインメントにするゲーム」です。

また、新デバイス「Pokemon GO Plus プラス」も発表されました。

昼は通常の「Pokemon GO Plus」として使えます。

夜は枕元に置くことで、睡眠時間を計測します。

加速度センサーによって計測された睡眠時間が、Bluetoothでスマートフォンに転送されます。

おそらくは、ユーザーが移動しなくなった時間を睡眠時間として計測するんでしょうね。
でも、肝心の睡眠時間が、ゲームの中で、どのように活用されるかは、発表されていないんです。

発表会に現れた米ナイアンティック社のジョン・ハンケCEO(最高経営責任者、51歳)は“睡眠”にちなんで、Pokemon GOの中に寝ているカビゴンが登場することも発表しました。

歴代ポケモントレーナーが登場する「マスターズ」

「ポケモンスリープ」のほかにも、2019年にリリース予定の新作スマホゲーム「ポケモンマスターズ」も発表されました。

これは、DeNAが2019年3月期の決算説明会で、すでに発表済みです。

歴代のポケットモンスターシリーズに登場したトレーナーとポケモンが、大集結して、活躍するゲームです。

こちらの詳細については、6月に発表される予定です。

発表会で流された動画では、片手で操作できる縦長の画面に、バトルシーンも映し出されていましたよ。

これを受けて、ネット上では「ポケモンスリープ」に期待する声が上がっています。


ああ、私も一刻も早くプレーしたい!

2020年「ポケモンスリープ」のリリースが楽しみです。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください