檜原(ひわら)真紀の学歴や経歴に家族は?ニッポン放送初の女性社長が誕生へ!












スポンサードリンク




ニッポン放送は、檜原真紀(ひわら・まき)常務(57歳)を社長に昇格させる人事を内定しました。初の女性社長です。学歴や経歴、家族などをリサーチしました。

スポンサードリンク

初の女性社長に内定

ニッポン放送は5月24日に開いた取締役会で、岩崎正幸社長(66歳)の後任に、檜原真紀常務が昇任する役員人事を内定しました。6月21日開催の株主総会と取締役会で正式決定します。

氏名:檜原真紀(ひわら・まき)
年齢:57歳
出身地:東京都
居住地:東京都港区
学歴:私立湘南白百合学園中学(偏差値58)・高等学校卒業、Ecole Jeannine Manuel(エコール・ジェニーヌ・マニュエル、パリの私立学校)、慶応義塾大学文学部(偏差値65)卒業

檜原真紀さんは1985年、慶応義塾大学文学部を卒業した後、ニッポン放送に入社しました。

フジテレビ、ニッポン放送、産経新聞などの社長を務めた羽佐間重彰・元フジサンケイグループ代表(91歳)の秘書を務めていました。

2015年、取締役。2018年、常務取締役。

営業企画、イベント企画業務などを経て、インターネット放送などを担当。

2000年にBSデジタルラジオを立ち上げ、2007年にはSuonoDolceを開局した。

デジタル事業局長を経て、常務に就任していました。

これに伴い、岩崎正幸社長は代表取締役会長に就きます。重村一会長(74歳)は相談役に就任します。

檜原真紀と遠藤龍之介は共に慶大文卒

檜原真紀さんはニッポン放送の編成局長だった2014年4月14日に、母・由紀子さんを亡くしています。

なので、ご結婚なさっていられるのか、ご家族がおありなのか、調べましたが、現時点では不明です。分かり次第、追記してゆきますね。

新社長に内定の報を受けて、ネット上では喜びの声が上がっています。


フジサンケイグループといえば先んじる5月13日に、遠藤龍之介専務(62歳)の社長昇任が決まりましたよね。

遠藤龍之介さんは、芥川賞作家の父・遠藤周作さん(1923~96、享年73)と母・順子さんと同様、慶応義塾大学文学部の仏文科を卒業しています。

檜原真紀さんが仏文科かどうかは不明ですが、同じ慶応義塾大学文学部なので、何かの縁を感じてしまいますよね。

フジサンケイの論調は慶応に近い

フジサンケイグループで、フジテレビとニッポン放送の社長が、共に慶応義塾大学文学部卒業なのは、史上初めてです。

フジサンケイグループに就職希望の受験生は、早稲田大学よりも、慶応義塾大学を選ぶほうが有利かもしれません。

実際のところ、2人の新社長が慶応出身なのは、偶然ではないと思います。

よく雑誌が取り上げるのですが、慶応と早稲田の学風の違いは、何だと思いますか?

早稲田はバンカラ、慶応はお坊ちゃん? いえいえ、違いますよ。今では、早稲田のほうが裕福な家庭の子どもが多いです。

答えを言うと、中国やアジアに対する態度です。

慶応義塾大学には、中国に対して厳しい見方をする先生が多いです。脱亜入欧の伝統ですね。中国や朝鮮などアジアの国と連携して欧米に対抗しようという考えを否定して、欧米と連合を組もうという考えです。

それに対して、早稲田は、大アジア主義にひかれる学生が多かったです。宮崎滔天(1870~1922年)らは、日本に亡命してきた中国人を支援して、辛亥革命を支えました。

そういうところが、最大の学風の違いなんですが、産経新聞の論調は、比較的、慶応の欧米重視に近いです。

なので、フジサンケイグループと慶応は相性がいいのだと思います。

いずれにせよ、ニッポン放送で初めての女性社長の采配(さいはい)が注目されます。

遠藤龍之介(フジテレビ新社長)の嫁や家族は?芥川賞作家の父周作や出身校も凄い

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください