高田純次がポルシェで当て逃げ!事故被害者は週刊文春に記事を売り交渉中












スポンサードリンク




東京都内の首都高で当て逃げ事故を起こしたと「週刊文春」に報じられたタレント高田純次さん(72歳)。「不誠実で無責任な対応は許せない」と怒りを隠さない被害者に対し、プロの当たり屋疑惑が持ち上がっています。高田さんは「決して当て逃げではない」と反論。真相を緊急リサーチしました。

スポンサードリンク

首都高の合流地点で「コツン」と接触

まずは事故のおさらいをしてみます。5月16日発売の「週刊文春」に「高田純次ポルシェで当て逃げ『20万円でナッシング音声』」との記事が載りました。

「週刊文春」によると、高田純次さんは4月14日(日)午後6時頃、首都高の浜崎橋ジャンクションの合流地点で、グレーのポルシェ・カイエンを運転中、フリーターの男性Aさん(22歳)の車の左後部と接触し、そのまま抜き去ってゆきました。

Aさんは、事故の状況をこう説明しています。

「左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、ポルシェは、そのまま僕の車を追い抜いていった。その後、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げていきました」

「抜かれるとき一瞬、運転手と目が合いましたが、そのまま走り続けているので、慌てて追い掛けました。クラクションを何度も鳴らしましたが、一向に止まってくれなかった」

高田純次さんのポルシェ・カイエンは15分間走り続け、港区内にある首都高の天現寺出口で一般道に出たところで、赤信号のため停止しました。

すると、ポルシェ・カイエンから、ハンチングを目深にかぶった、ジャケットにスニーカーのカジュアルな服装の男性が降りてきました。

「何ですか」
「さっき、この車に当たりましたよね」
「当たってませんよ」

その発言に驚いたAさんは、念を押しました。

「当たって逃げましたよね」
「あなたの車が割り込んできたんでしょ」

強弁する相手に、Aさんはタイヤハウス上部のキズ痕を示して、確認させました。

「本線を直進していた僕が割り込むなんて、あり得ない」

車の男性は「はい、高田純次です」

千葉県内から東京都内の父親に会いにゆく途中だったAさん。連絡を受けて父親が駆け付けました。父親は、相手の男性の顔を見て「アレッ」と思いました。

「もしかして、高田さんですか」
「はい、高田純次です」

名乗った高田純次さんは、父親に、警察を通さない示談を持ち掛けたと言います。

「どうでしょう、もし警察をね、通さないんだったら、これは全部直します。後でほら、長引いたりするのもなんじゃないですか」
「正直な話、全く気付かなかった。逃げたっていう感覚が全くないんですよ」

言い逃れを並べていた高田純次さんは、車体のキズを見て、接触事故自体は認めました。

「これ、もちろん、全部直します。それと今、20万持ってます。ダメでしょうか。それである意味、ナッシングって言い方おかしいですけど、お互いの気持ちが、警察を……」

やたらに警察を気にしていた高田純次さんですが、Aさん父子と示談金の話し合いになりました。

「いくら支払えばいいのか」
「逆に、いくらなら支払えるのか」
「金額を言ってください」
「そっちが、金額を提示すべきでしょうが」

話が平行線になると、高田純次さんは、こうも話しました。

「周りの僕の、いろいろ、しがらみがありますよね、仕事のこととか。仕事をこれによってちょっとマイナスになると思うんですよ。それを考えりゃ、今のこの流れの中で、もう目いっぱい出して100万ですよ」

結局、事故から2時間以上が経過して、高田純次さんは警察に通報しました。

警察の聴取が終わると、高田純次さんとAさんはお互いの連絡先を交換しました。さらに、高田純次さんはAさんの持っていたノートの切れ端に走り書きを残しました。

「接触事故により、相手の体に異常がきたした場合は、保険で対応出来ない分は、2人で話し合いをしましょう。高田純次」

事故後に病院で診察を受けたAさんは「頸椎(けいつい)と腰椎(ようつい)の捻挫(ねんざ)」と「全身打撲傷」で全治2週間の診断を受けました。診断書は、すでに警視庁に提出しています。

「現在もムチ打ちの症状があり、医師から『体が元通りになるまで、半年はかかる』と言われました。しかし、事故から1カ月が経っても、高田さんからは治療代を払ってもらえず、今も自費でリハビリを続けている状況です」

さらに高田純次さんの代理人弁護士から電話が入り「大した事故ではなく、治療費は出せません」と言われました。

Aさんは、怒りを込めて、高田純次さんを告発しています。

「あの人の不誠実で、無責任な対応は許せません」

警視庁は「当て逃げの事実はなし」

ところが、ここに来て被害者のAさんに不審の声が次々と上がっています。


また、Aさんは当初、Twitterアカウントで事故の状況などを説明していましたが、現在では閉鎖されています。


 

各種の状況から、Aさんがプロの当たり屋ではないかと指摘する声もあります。実際、コツンと当たったぐらいで、全治2週間の頸椎と腰椎の捻挫や全身打撲傷を負うのはおかしい、との見方もあります。

この事故について、高田純次さんの所属事務所〈テークワン・オフィス〉(東京都渋谷区)は「当てて止まって話しているので、当て逃げではありません」と説明しています。

また、警視庁も「当て逃げの事実はない」としています。

高田純次さん本人は、こんな風に説明しています。

「私は、事故を防げたなと思って。(Aさんが危ない運転をするので)ちょっと一言いってあげようとと思って、相手の車の横に付けたんですよ。それで、僕、窓を開けて相手に言おうと思ったら、相手の方が女だと思ったんですよ。髪の毛が長かったから。だから、地方のナンバーだったし、女の方じゃしょうがないなと思って」

果たして、どちらの言い分が正しいのか、今後の成り行きに注目です。新事実が判明次第、ここに追記してゆきます。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください