遠藤龍之介(フジテレビ新社長)の嫁や家族は?芥川賞作家の父周作や出身校も凄い












スポンサードリンク




フジテレビの新社長に、芥川賞作家・遠藤周作さん(故人)の長男・遠藤龍之介専務(63歳)が就任することが分かりました。6月末に開かれる株主総会で正式に決まります。新社長の嫁や家族、出身校、父・周作さんとのエピソードをリサーチしました。

スポンサードリンク

芥川賞受賞にちなみ、龍之介と命名

氏名:遠藤龍之介(えんどう・りゅうのすけ)
生年月日:1956年6月3日(62歳)
出身地:東京都
家族:父・周作、母・順子、妻
学歴:慶應義塾幼稚舎(小学校)卒業、慶應義塾普通部(中学校)卒業、慶應義塾高等学校卒業、慶應義塾大学文学部仏文科卒業

遠藤龍之介さんは1956年、作家・遠藤周作さん(1923~96、享年73)の長男として、東京都で生まれました。きょうだいはいない、一人息子です。

生まれた前年の1955年7月、父・周作さんは『白い人』で第33回芥川賞を受賞しています。その芥川龍之介にちなんで、龍之介と名付けられました。いや、結構、迷惑な話ですよね。

幼稚舎から慶應義塾に入り、父や母と同じく慶應義塾大学文学部仏文科に進みました。

生前、遠藤周作さんは「大学受験は、何の役にも立たない。そんなものに貴重な青春時代を浪費するのは愚の骨頂だ」と考えてました。その通り、一人息子を幼稚舎に入れたのですね。

慶大時代、2歳年上なのに1学年下の女優で、作家・檀一雄さんの長女・檀ふみさん(64歳)から父・周作さんあてのはがきの追伸として、

「もしお暇でほんとによろしかったら、お声をかけてくれれば、どこへでもついていきます」

と誘われたのに、何の返事もしませんでした。相当な引っ込み思案だったんでしょうね(笑)。

遠藤龍之介さんが慶大に入学した1975年、檀ふみさんはすでに女優として活躍していました。

ショーケンこと故・萩原健一さん(1950~2019、享年68)主演の映画『青春の蹉跌』(1974年)で、萩原健一さんの婚約者役を演じています。

そんな新進女優さんをすげなく振るんですから、遠藤龍之介さんも、お父さん並みに相当な変人ですよね。

実際、趣味は将棋で、慶大時代は将棋部に所属していました。棋力は高く、慶大将棋部師範の原田泰夫九段(1923~2004、享年81)から強豪と呼ばれ、

「今春(1975年春)、合宿の折に龍之介さんと平手でテスト、その棋力、立派な態度に感心した」

と褒め称えられました。

また、将棋で作家・北杜夫さん(1927~2011、享年84)をあっさり打ち負かし、父・周作さんから、自慢されました。

「息子は将棋三段で、高校も大学も将棋部だから、北君が負けたって仕方がない」

その父・周作に対局を申し込まれたところ、遠藤龍之介さんは20回連続で勝ったため、母・順子さん(92歳)から「あなた、ちょっと負けてあげなさいよ」と、たしなめられたこともあります。

後に2013年8月4日、囲碁・将棋チャンネルのプロアマ指導対局(プロの角落ち)で、佐藤康光九段(49歳)に106手で勝利を収めています。

将棋の実力は、本物なんですね。

しかし、そんな龍之介さんに対して、お父さんの周作さんは、不満を持っていたんですね。

芥川龍之介(1892~1927、享年35)の長男で俳優・芥川比呂志(あくたがわ・ひろし)さん(1920~81、享年61)が、遠藤家に来て、周作さんと酒を飲んでいました。すると急に周作さんは龍之介さんを呼びつけて、

「龍之介は本当にダメだ。龍之介はなってない、バカモノだ!」

段々、芥川さんが嫌な表情になり、最後は本当にもう苦虫を噛み潰したような顔になったんですって。周りから見れば、何一つ不足のない息子さんでも、偉人の父から見れば不満があったんでしょうね。

ドン日枝体制で、2代社長を支えた遠藤龍之介

1979年、慶大卒業後、フジテレビに入社。

ディレクターから編成畑に進みました。

ドラマ「ジュニア 愛の関係」「御家人斬九郎」「銭形平次」などを手掛け、1993年には日本初の長編ハイビジョンドラマ「その木戸を通って」で市川崑監督を起用して制作しました。

編成部副部長、企画担当部長、編成部長を経て、2003年6月から広報部長。

広報部長時代の2005年には、ライブドアの堀江貴文社長(当時)によるニッポン放送株買い占めなどが起こり、メディアに対応しました。その頃に、お世話になった新聞や雑誌、放送記者がいそうですよね。

2006年から広報局長、2008年取締役(広報室担当)広報局長、2012年常務、2013年6月27日付で専務に就任しました。

同時に就任した1期下の亀山千広・前社長(62歳)を支えました。2017年、亀山千広さんから宮内正喜(みやうち・まさき)さん(75歳)が社長に就くと、引き続き専務としてフジテレビを支えました。

1988年からフジテレビ社長、会長を務めてきた“ドン”日枝久(ひえだ・ひさし)さん(81歳)が今回、代表取締役会長を退いたのに伴い、入社40年、ついに社長になったんですね。

ご承知かどうか、フジテレビは早稲田と慶應の学閥が存在します。

早大閥は、故・鹿内信隆(しかない・のぶたか)フジサンケイグループ会議議長(1911~90、享年78、政経学部)、日枝久会長(教育学部)、亀山千広・前社長(政経学部)、大多亮(おおた・とおる)常務(60歳、教育学部)らですね。

一方、慶大閥は、故・鹿内春雄フジサンケイグループ会議議長(1945~88、享年42、慶應義塾高校中退)、宮内正喜社長(法学部)、杉田成道(すぎた・しげみち)日本映画放送社長(75歳)らです。

遠藤龍之介さんは、大学の先輩である宮内正喜さんからバトンを渡される形で、フジテレビ社長に就きます。

しかし、生まれてから慶應義塾、フジテレビと2つの組織にしか所属しない遠藤龍之介さんって、凄い人生ですね。


婚約者の前で赤面質問、彼女を間違われ

そんな遠藤龍之介さんの嫁や子どもですが、今まで“縁の下の力持ち”的存在だったためか、明らかにされていません。

ただ一つ、奥さんとのエピソードが分かっています。

結婚を控えていた当時、遠藤龍之介さんは、婚約者と共に父・周作さんの仕事場を訪れると、居合わせた夕刊フジ元学芸部長・金田浩一呂(かねだ・こういちろ)さん(1932~2011、享年79)にいきなり、

「龍之介君は婚前交渉は済んでいるんですか?」

と聞かれました。婚約者は真っ赤になり、周作さんは「親の私でも聞かないことを」と怒り出したが、金田浩一呂さんは平然としていました。

そのことを金田浩一呂さんを送る会の席上で、遠藤龍之介さんは故人のエピソードとして紹介して、笑いを取ったそうです。

いかにも、ユーモアにあふれる人柄を表していますね。

その後、ご結婚されて、お子さんもできたでしょうが、これ以上は明かされていません。分かり次第、この記事に追記してゆきますね。

もう一つ、遠藤龍之介さんの大学時代のエピソードなのですが、ガールフレンドが自宅に電話を掛けてきました。周作さんが取って、応対しました。

「鈴木と申しますが、龍之介さんいらっしゃいますか」
「ああ、鈴木さん、息子がいつもお世話になってます。鈴木さんはアレですね、先週末、息子と箱根へ旅行に行かれたお嬢さんですよね?」

電話を掛けてきた女性は、もちろん、箱根旅行になんか行っていません。そのため、めちゃめちゃな修羅場になり……(ry

いやはや、何とも迷惑なお父さんですよね(笑)。

2代の社長を支えてからのトップに就任する遠藤龍之介さん。フジテレビは近年、視聴率低迷に苦しんでいます。

2004年から2010年まで7年連続で視聴率三冠王(ゴールデンタイム〈19:00~22:00〉、プラムタイム〈19:00~23:00〉、全日)に輝いたのは、9年も前の大昔のお話。

ユーモアたっぷりの性格で知られる遠藤龍之介さんならば「オレたちひょうきん族」(1981~89)に代表される「楽しくなければテレビじゃない」路線、本来の「明るいフジテレビ」のイメージを取り戻せるかもしれませんね。その手腕に期待です。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください