横浜高の内海貴斗の中学や家族は?意中のドラフト球団や指名予想も












スポンサードリンク




春のセンバツ、第91回選抜高等学校野球大会(主催・毎日新聞社、日本高等学校野球連盟)は3月23日(土)に、阪神甲子園球場で開幕します。2019年の高校野球は“打者四天王”と言われる強打者4人が注目されています。

中でも、優勝候補・横浜高校の内海貴斗(うつみ・たかと)内野手(新3年)は最も熱い注目を浴びています。内海貴斗内野手の出身中学や家族、意中のプロ野球球団や、ドラフト会議で指名する可能性のある球団などをリサーチしました。

スポンサードリンク

小3で野球、憧れの先輩を追って横浜高に

氏名:内海貴斗(うつみ・たかと)
生年月日:2002年1月18日(17歳)
出身地:横浜市
家族:父、母
学歴:横浜市立末吉中学校卒業、私立横浜高等学校(偏差値42~53)2年在学中
所属チーム:末吉スネークス→世田谷西シニア
身長:181センチ
体重:76キロ
守備位置:内野手
投打:右投げ左打ち
遠投:95メートル
50メートル走:6秒4
使用バット、グラブ:ミズノ

2019年の高校野球。いわゆる“打者四天王”と呼ばれる強打者4人が、プロから熱視線を浴びています。

学校名 氏名 投打 身長 体重 通算本塁打
東邦 石川昂弥内野手 右/右 185cn 81kg 37本塁打
山梨学院 野村健太外野手 右/右 180cm 88kg
八戸学院光星 武岡龍世内野手 右/左 178cm 70kg
横浜 内海貴斗内野手 右/左 181cm 75kg

投手の“高校四天王”では、星稜の奥川恭伸(おくがわ・やすのぶ)投手と横浜の及川雅貴(およかわ・まさき)投手だけしか春のセンバツには出場しません。

しかし“打者四天王”は、4人とも春のセンバツに出場するんです。なので、2019年のセンバツは打者の打ち合い、好投手との対決が非常に楽しみな大会なんですね。

中でも、好投手・及川雅貴くんを擁(よう)する横浜は、星稜と共に優勝候補の最右翼です。

そんな横浜で4番とキャプテンを務めるのが、内海貴斗内野手です。

もともと、内海貴斗内野手は、野球かサッカーをしたいと思っていたんです。

でも、小学3年のとき、たまたま学校で野球の練習をしているのを見て、野球をやろうと思い立ちました。

子どもの頃の憧れの甲子園スターは、大阪桐蔭の福島孝輔投手(同志社大学-Honda鈴鹿)でした。

福島孝輔投手は1年夏の2012年全国高校野球選手権大会と、3年夏の2014年全国高校野球選手権大会で優勝しています。とりわけ、3年の夏の決勝は、三重を相手に4-3と投げ切り、見事、優勝投手に輝いています。当時、小学6年だった内海貴斗内野手は、歓喜の輪に包まれる福島幸輔投手が、さぞ、まぶしく見えたでしょうね。

その小学校時代、内海貴斗内野手は、たまたまバッティングセンターで、同じ左打ちのすごいバッターを見つけました。

思わず、声を掛けたところ、3学年上の村田雄大(むらた・ゆうだい)外野手(20歳)でした。内海貴斗内野手が当時、小学6年だったとすると、村田雄大外野手は中学3年だった計算になります。

村田雄大外野手は、話し掛けてきた内海貴斗内野手に、自分が入っているボーイズチーム〈世田谷西シニア〉を教えてくれました。それが、きっかけで内海貴斗内野手は〈世田谷西シニア〉に入り、さらに憧れの村田雄大外野手を追いかける形で、横浜高校に入りました。

ちなみに〈世田谷西リトル・シニア〉はオーナーが、西武ライオンズの元監督・東尾修さん(68歳)。総監督が、西武や中日でプレーした蓬莱昭彦(ほうらい・あきひこ)さん(61歳)。監督が、U15侍ジャパンコーチを務めた吉田昌弘さんという強豪チームです。

OBには、巨人の山本泰寛(やまもと・やすひろ)内野手(25歳)もいます。東京でも屈指の名門リトルシニアのチームですね。

1年春からベンチ入り、甲子園でランニング本塁打

横浜高校で、内海貴斗内野手は、入学直後の春から背番号23を付けて、ベンチ入りしました。

2017年4月15日、保土ケ谷球場で行われた春季県大会2回戦、藤沢西戦で3番、一塁手としてスタメン出場を勝ち取ります。

これって、すごいこと。半月前まで中学生だった選手が、名門・横浜高校の一塁手のスタメンになるんですから。ご承知の通り、一塁手は守備というよりも、打力を買われてなるポジション。いかに、内海貴斗内野手のバッティングセンスが高かったかという証拠ですね。

1年の夏の甲子園。内海貴斗内野手はベンチ入りするも、出場はできませんでした。チームは1回戦で、熊本の秀岳館に6-4で敗れてしまいます。

しかし、秋から内海貴斗内野手は、レギュラーの一塁手としての地位を手に入れます。

2年の春季県大会からは5番を任され、クリーンアップの一角を担うことに。

神奈川1位として出場した5月の春季関東大会。横浜は2回戦で明秀日立(茨城2位)と対戦しました。

1点ビハインドで迎えた9回表、1死三塁から内海貴斗内野手は起死回生の逆転2ランを放ちました。勢い付いた打線は2死から連続安打、悪送球の間に1点。さらにヒット、2死一三塁で3ランも飛び出し、6-1で快勝です。

しかし、準々決勝の木更津総合(千葉1位)では、先発投手が打ち込まれ、1回表に7失点。13-5で7回コールド負けを喫します。

それでも、内海貴斗内野手は3回1死二塁からタイムリー二塁打を放ち、気を放ちました。

2年の夏の甲子園。5番、一塁手で先発した内海貴斗内野手は、4打数2安打1打点。でも、5回表に珍しいランニング本塁打を打ちました。

続く2回戦、対花咲徳栄(北埼玉)戦。内海貴斗内野手は5番、一塁手で先発。5打数2安打0打点。打点はなしも、チャンスを広げる活躍でした。チームは、8-6で3回戦へと駒を進めます。

3回戦の相手は、吉田輝星(よしだ・こうせい)投手を擁する金足農(秋田)。5番一塁手で先発した内海貴斗内野手は3打数1安打、2四死球を選ぶも2三振に倒れました。チームも5-4で逆転負けです。

後に、内海貴斗内野手は、こう振り返っています。

「今まで対戦した選手で、最もすごいと思った選手は吉田輝星さんです。まっすぐの伸びと質がすごかったです」

試合 打数 安打 打点 三振 四死球
2017夏 0 0 0 0 0 0
2018夏 3 12 5 1 4 2
2019春
2019夏

秋の新チーム発足からは、平田徹監督(35歳)の指名で、内海貴斗内野手はキャプテンを務めています。

センバツ出場が決まり、2月19日、横浜高校にセンバツ旗が届くと、内海貴斗内野手は、抱負を語っています。

「優勝しなきゃな、と、改めて思いました。ただ、チームや個人の成績もそうですが、楽しみたい」

内海貴斗の家族は?

内海貴斗内野手の家族は、父、母のご両親です。きょうだいは、調べたけれども、見つかりませんでした。

ご両親がどんなお仕事をされているのかまでは分からなかったのですが、内海貴斗内野手自身は、ご両親について、こう語っています。

「小学校の頃から朝早く起きて送ってくれたり、全力サポートで支えてもらって、お父さんとお母さんには毎日『ありがとう!』って言いたいです」

キャプテンを任されるほど、人徳のある内海貴斗内野手です。きっと、すてきなご両親のいる、いい家庭で育ったんだろうと思います。

ドラフト会議2019では指名される? 意中の球団は?

内海貴斗内野手は、将来の夢としてプロ野球選手になることを挙げています。

12球団OKのスタンスです。

素材としては申し分のない内海貴斗内野手は、将来、必ずプロ入りできると思います。

しかし、一塁手としては、ハッキリ言って、プロの世界ではきついなあと思います。

プロ野球では一塁手は、チームの4番を任される強打者のポジション。外国人選手が就くポジションでもあります。

例えば、横浜高校の地元、横浜DeNAベイスーターズでは、一塁手はホセ・ロペス(35歳)です。

元巨人で活躍したロペス内野手は、阿部慎之助捕手(39歳)の一塁手転向のあおりで、巨人を自由契約になりました。

その巨人は2019年シーズン、元パドレスのクリスチャン・ビヤヌエバ(27歳)が三塁手に就き、4番打者・岡本和真(おかもと・かずま)内野手(22歳)が一塁手を務めることが確実視されています。

阪神は、元エンゼルスのジェフリー・マルテ(27歳)と、エフレン・ナバーロ(32歳)の併用が決定的。

中日はダヤン・ビシエド(30歳)、広島はサビエル・バティスタ(27歳)とアレハンドロ・メヒア(25歳)の併用、ヤクルトは坂口智隆(34歳)のスタメンが濃厚です。

パ・リーグを見てみましょう。

西武は山川穂高(27歳)、ソフトバンクは中村晃(29歳)、日本ハムは中田翔(29歳)、オリックスはクリス・マレーロ(30歳)、ロッテは井上晴哉(29歳)、楽天は銀次(31歳)のスタメンがほぼ確実視されています。

つまり、セ・パ12球団で、内海貴斗内野手が割って入る隙は、全くありません。プロ入りしたとしても、常識的に4年ぐらいは、二軍生活ではないかと思われます。

逆算して4年後、正一塁手が空いていると思われる球団は、横浜Dena、ヤクルト、楽天です。

2019年のドラフト会議では、この3球団が先物買いで内海貴斗内野手を指名することが予想されます。

しかし、1位指名ではなく、2~3位以下の指名でしょうね。しかも、育成期間の4年のうちに、球団がバリバリのメジャーリーガーを獲得すれば、出場機会は望むべくもありません。

そこで、非常に残念ではありますが、大学進学や社会人野球入りも、内海貴斗内野手は視野に入れるべきだと思います。

社会人野球は実質プロなので、入りたくても入れる世界ではありません。

そう考えたとき、やはり内海貴斗内野手の有力な進路は、大学野球だろうと思います。

2019年4月入学の新一年生、早大、慶大、明大、法大は有力な一塁手は入学しませんでした。

そう考えたとき、東京六大学の4校、とりわけ内海貴斗内野手の憧れの村田雄大外野手のいる法大は有力な進学先になるのでは。

まとめます。内海貴斗内野手はプロでの下位指名を受け入れるか、法大に進学すると思われます。

個人的には、高校からプロに行ってほしいのですが、将来を考えたとき、やはり大学で4年間鍛えてからプロ挑戦でも遅くはないのではないかと、思います。

横浜の及川雅貴の出身中学や家族は?ドラフト球団の指名の予想も!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください