松戸富田麺絆(丸の内)のメニューは?値段や味にお勧めや待ち時間も












スポンサードリンク




東京・丸の内に3月5日(火)にオープンした〈松戸富田麺絆(まつどとみためんばん〉の初日に行ってきました。大注目の千葉県松戸市の名店〈中華蕎麦 とみ田〉の東京進出1号店です。

今まで伏せられていたメニューの全容と値段をリサーチしてきました。果たして、味のほうはどうだったんでしょうか? まだ〈食べログ〉にも〈ラーメンDB〉にも載っていないホットな情報を早速、お伝えしますね。

スポンサードリンク

〈松戸富田麺絆〉への行き方は?

東京・丸の内にあるのに、なぜか松戸から始まる〈松戸富田麺絆〉。

東京駅に慣れている人ならともかく、私のように東京の在に住んでいる人や、地方から出て来た人には、どこにあるかなんて、すぐには分かりませんよ。

なので、JR東京駅からの行き方を、改めてコーチングします。

まずは、JR東京駅で降ります。私の使った中央線ホームです。

ホームの説明図です。左上の丸の内南口を目指してください。

間違って、中央口のエスカレーターに乗らないでくださいね。南口はホームの端にあります。

南口のエスカレーターを降りたら、右に曲がってください。丸の内南口と表示が出ています。

改札を抜けたら、いったん、外へ出ます。

右手に交番がありますよ。道が分からなかったら、聞いてください。

そのまま、まっすぐ地下通路に下りましょう。

地下1階に下りると、ショップ&レストランフロアが広がっています。通路をまっすぐ進みましょう。

〈松戸富田麺絆〉の入っている商業施設〈KITTE(キッテ)丸の内〉のフロア図です。KITTEという聞き慣れない建物名は、旧東京中央郵便局の跡地に日本郵便とJR東日本、三菱地所が建てたビルにあるからです。

地下1階の拡大フロアマップです。大事なトイレの位置も、矢印で示しておきますね。トイレに行くときは、必ず後ろの人に断ってから行きましょう。

トイレは広くて清潔

お店に行く前に、トイレのご案内をしちゃいましょう。

男子トイレは、小便器が4つ、個室が3つあります。

ご覧の通り、個室には洗浄便座が付いています。広くて荷物の置けるスペースがあり、とても清潔でしたよ。

4つ並んだ洗面所は、ソープディスペンサーに温水の出る自動水栓でした。もちろん、温風乾燥機も2台付いています。松戸の〈中華蕎麦 とみ田〉は実に清潔なトイレですが、さすが富田治氏(40歳)が選んだ建物だけあって、トイレはとても清潔でした。東京駅でナンバーワンかもしれないです。

〈松戸富田麺絆〉の店内が、ついにベールを脱いだ

7:30に〈KITTEマルシェ〉の〈ラーメン激戦区 東京・丸の内〉に着きました。朝早いせいで、一帯は閑散としていました。

〈松戸富田麺絆〉は、すぐに分かりました。1軒だけ、行列ができていたからです。列に接続しました。見事、6位入賞です。

やはり、富田治さんは松戸に思い入れがあるんですね。東京・丸の内なのにでっかく「松戸」とメタルのレリーフがありました。

松戸の文字の隣には、名物・鯉の躍る姿が描かれています。〈とみ田〉ファンなら、お馴染(なじ)みの絵柄ですよね。

7:45になって、行列用のテープが張られました。

行列は、次の通り、4重に並ぶことになっています。29人目以降は、通路を隔てたお隣の〈成城石井〉わきに並びます。

2人以上のグループ客は、全員が揃ってからお並びください。また、食券は後買いです。

10:30をすぎると、ガラス壁を覆っていたシェードが引き上げられました。ついに〈松戸富田麺絆〉の店内が姿を現しました。

ご覧の通り、8人掛けのカウンターが、縦に4列あります。

2人掛けのテーブル席も2つあります。客席は、全36席ですね。

開店前に全員で記念撮影、「エイ、エイ、オー」と気合い

開店15分前の10:45分になって〈ラーメン激戦区 東京・丸の内〉の全5店主が揃って、オープニングセレモニーが始まりました。メディアも大勢、駆け付けています。

最初は気付かなかったんですが、電光看板の前が、両引きのガラス戸になっています。

店内では、本店でお馴染みの石井さん、〈とみ田〉グループの店主さん、助手さんらが支度に余念がありません。間もなく、開店です。

食券自販機は店内に1台あります。初めて見るハイテク自販機です。

富田治さんも上機嫌で、店外に出て来ては、顔見知りの人に笑顔で挨拶(あいさつ)を欠かしません。

10:50、店内にいた各店主さんらが、店前に出て来て、直前の記念撮影です。求めに応じて「エイ、エイ、オー」と気合いを込めます。

店内の一角には、東池袋大勝軒の総帥(そうすい)、故・山岸一雄さんと修業時代の富田治さんの2ショット写真も飾られています。

礼儀正しい富田治さんは、早朝から並んでいたPPのお客さんにもきちんと挨拶です。

今日の富田治さんは、背中に「富」と染め抜かれた藍色の作務衣、左腕には日の丸、白地に金字で山岸一雄と名前の入った白の前掛け姿でした。カッコイイです。自らは、厨房(ちゅうぼう)に立つと言うより、全体的なプロデュース、指示、目配り、挨拶で専らでした。その姿は、まるで諸大名に号令する天下人(てんかびと)、傾(かぶ)き者の織田信長を思わせます。

メニューが登場、つけめん並920円、もりそば並900円

11:00、定刻通りに開店しました。結局、2時間半、待ちました。でも〈中華蕎麦 とみ田〉の歴史的瞬間に立ち会えて感動です。

一人ひとり、一組ずつ、店内に入って、まずは自販機で食券を買います。

ついに〈松戸富田麺絆〉のメニューが全貌を現しました。

自販機は、タッチパネル式でトップ画面が「つけめん」「もりそば」「中華そば」の3つに分かれています。

係の人にお願いして、一通り、見せていただきました。

まずは「つけめん」。

画像だけでは小さくて見えにくいと思うので、別表を付けますね。

濃厚つけめん(濃厚豚骨魚介極太麺)
並(200g) 920円
大(320g) 1070円
特(450g) 1220円
半熟味玉濃厚つけめん
並(200g) 1040円
大(320g) 1190円
特(450g) 1340円
柏幻霜ポーク全部乗せ濃厚つけめん
並(200g) 1620円
大(320g) 1770円
特(450g) 1920円
柏幻霜ポーク焼豚濃厚つけめん
並(200g) 1520円
大(320g) 1670円
特(450g) 1820円

つづいて「もりそば」。

もりそば(元祖つけめん)
小(200g) 900円
並(250g) 900円
大(350g) 1000円
特(480g) 1150円
半熟味玉もりそば
小(200g) 1020円
並(250g) 1020円
大(350g) 1120円
特(480g) 1270円
柏幻霜ポーク全部乗せもりそば
小(200g) 1600円
並(250g) 1600円
大(350g) 1700円
特(480g) 1850円
柏幻霜ポーク焼豚もりそば
小(200g) 1500円
並(250g) 1500円
大(350g) 1600円
特(480g) 1750円

最後に「中華そば」。

中華そば
並(180g) 900円
大(300g) 1050円
特(450g) 1250円
半熟味玉中華そば
並(180g) 1020円
大(300g) 1170円
特(450g) 1370円
柏幻霜ポーク全部乗せ中華そば
並(180g) 1600円
大(300g) 1750円
特(450g) 1950円
柏幻霜ポーク焼豚中華そば
並(180g) 1500円
大(300g) 1650円
特(450g) 1850円

サイドメニューは、卓上にもあります。

サイドメニュー
心の味餃子 1個~ 150円~
焼豚ごはん(柏幻霜ポーク使用) 400円
ライス(千葉県産) 200円
小ライス 150円
ドリンク
ビール(エビス)小 450円
ハイボール 400円
黒ウーロン茶(グラス) 200円
お土産(お持ち帰り)
とみ田 濃厚つけめん1食 900円
とみ田 濃厚つけめん3食 2650円
切り落としチャーシュー(200g) 400円
心の味餃子(冷凍・焼) 1個~ 150円~

私は事前に決めていた通り、もりそばのあつもり並を頼みましたが、アドリブで「心の味餃子」も頼むことに。支払いは、交通系ICカードと現金が使えます。

メニューと価格設定は、ほぼ予想通りでしたね。

松戸の本店では、つけめん並(250グラム)は900円ですが、麺量を200グラムに下げて、920円に抑えてくれています。さすが、良心的です。

一方で、富田治さんが再現したという故・山岸一雄さんのもりそばは、同じ麺量200グラムでも、20円下げて900円です。富田治さんの思いが感じられる価格設定ですね。

「心の味餃子」は1個150円ですが、量が多いので、2~3個を勧められました。それで3個をお願いしました。

しめて1350円。心を躍らせて、店内のカウンター席に着きます。

レジェンドの味を再現「午前中のスープを目指した」

店内に入ると、柱に飾られた故・山岸一雄氏の巨大な肖像が目に付きます。本当に、富田治さんの山岸一雄さんへのリスペクト、愛にあふれた店内です。

席に着くと、氷の入った水が供されます。松戸の本店と違って、丸い氷ではありませんが、メタリックなテーブルと相まって、とってもハイセンスです。

この金属製のグラスは錫(すず)製でしょうか。快い持ち重りがして、それでいて氷の冷たさを感じさせません。こんなところにも、細やかな心遣いが表れています。

割り箸(ばし)のほか、卓上調味料は、とみ田ダブル(ブラックペッパーとホワイトペッパーの混合)、一味、ラー油、酢、醤油(しょうゆ)です。

配膳(はいぜん)されるまでの間、卓上に置かれていた品書きを読みます。

つけめんの食べ方もあります。でも、興奮しすぎて、頭に入ってきません(笑)。

特製全部トッピングと思っていたのは、千葉県柏市のブランド豚、柏幻霜(かしわげんそう)ポーク全部乗せ(700円)でした。

注文品の着丼です。もりそばのあつもり(900円)です。

麺は、故・山岸一雄さんが実際に使っていた小麦粉を使用し、当時の味を再現しました。

こちらが、つけ汁。今の〈東池袋大勝軒本店〉のつけ汁と、色も味わいも変わっていますよね。

続けて「心の味餃子3個」(450円)。想像以上に大きいです。日高屋など通常のラーメン店の餃子の2個分ぐらいの容量があります。

旨い! 超絶に美味(おい)しいです。今の〈東池袋大勝軒本店〉のもりそばと違って、甘さが控えめ、あっさりした味わいです。

その分、豚、鶏、魚介の出汁(だし)が前面に出ていて、まさに、これぞ滋味に溢れた逸品。

しかし「心の味餃子」は初日オペのためか、見た目から明らかに焦げ焦げ。果たして、焼けた皮を食べ千切るのに力が要りました。

ただし、柏幻霜ポークを使った中の餡(あん)は確かに美味しかったので、次回以降に期待です(笑)。85点。

改めて、もりそばのつけ汁の中のメンバー紹介です。叉焼(チャーシュー)1枚、小さく切った海苔(のり)、茹(ゆ)で卵のハーフカット、メンマが入っていました。

もちろん、トレードマークのかわいいミニナルトも。

しかし、時間が経つと、あつもりが乾き始めました。パサついて、くっつくようになります。よく他店では油でコーティングしたり、二郎系ではスープに浸してくれたりしているので、そうはならないのですが。

それと、つけ汁の温度が低いのも気になりました。あつもりで、ややぬるいと感じるのですから、冷たいもりそばでは、もっとぬるく感じたでしょう。

そこら辺が、初日オペの課題と感じました。エラソーにごめんなさいね。

さいごに、とみ田ダブルで味変して、あつもりをいただきました。また、味わいが変わって、美味しかったです。

完食いたしました。姿が完全に現れた有田焼の鉢が美しいですね。相変わらず、富田治さんの美意識を感じさせます。

締めに、石井さんにスープ割りをお願いしました。新しいレンゲを付けて出されました。スープ割りを啜(すす)ると、先ほどとはまた変わった味わい。

つけ汁というより、何かの吸い物、椀物(わんもの)を食している気になりました。

こちらの全部、平らげて、久しぶりのKKです。もりそば並(250グラム)は私の胃につるりんと入ってゆきましたが、大ぶりの餃子3個と食べ合わせると、もうお腹いっぱいです。

食後、近くにいた富田治さんに話せる機会がありました。

――美味しかったです! 〈東池袋大勝軒本店〉のつけ汁と違っていて、驚きました。甘さ控えめ、それでいて出汁が前面に出ている。富田さんの修業時代のもりそばを再現したのでしょうか?

「そうですね。昔の味わいに近付けるように作りました。それと、開店したばかりの(午前中の)スープを目指しています」

ごちそうさまです。初日オペを割り引いても、都内屈指のレベルであることに間違いはありません。

松戸の〈とみ田〉が、向こうから東京に来てくれた。

これからも〈松戸富田麺絆〉に通いたいと思います。

松戸富田麺絆に行ってみた!行列のコツや待ち時間に整理券はある?

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください