のん(能年玲奈)がレプロと和解へ!変心の理由とNHK復活はあるか?












スポンサードリンク




朝ドラ「あまちゃん」で国民的人気を得ていた女優「のん」さん(25歳、本名・能年玲奈)が10月上旬、古巣の芸能プロダクション〈レプロエンタテインメント〉に直接、足を運び、謝罪を申し入れたとの報道がありました。

能年玲奈さんの心変わりの理由や、出演を目指していると報じられた2019年のNHK大河ドラマ「いだてん」に出演はできるのか、〈レプロ〉は謝罪を受け入れるのか、緊急リサーチしてみました。

スポンサードリンク

スキップして〈レプロ〉へ、帰りには手を上げる

まずは、事実関係を整理してみます。

報道によると、10月上旬、能年玲奈さんは、支援者である敏腕経営者Fさんに付き添われ、古巣〈レプロ〉のあるJR東急目黒ビルを訪れました。

黒塗りのハイヤーがビルに止まり、運転手にエスコートされて出て来た能年玲奈さんの写真が報じられています。

能年玲奈さんは、ゆったりとしたワンピース、キャップをかぶって、1つくくりにした髪を後ろに出しています。

ラウンド型の眼鏡を掛けていますね。足元はスニーカーで、くるぶしから、ソックスがのぞくように穿(は)いています。

そのあと、ピョンピョンとスキップしてビルに入ってゆきました。

ハイヤーの反対側からは、白髪の男性が降りてきました。ジーンズに黒っぽいTシャツ、同色のジャケットを羽織っています。

以下にも、業界人といった雰囲気の男性ですね。

この男性が、今の能年玲奈さんのマネジメントを手がけているFさんです。

Fさんは元々、映画配給会社に勤めていましたが独立、現在ではブランドコンサルやタレントマネジメント、出版も手がけています。

2016年からは、能年玲奈さんの個人事務所〈non〉と提携し、能年玲奈さんのマネジメントを手がけています。

そんな2人はエレベーターに乗り込み、16階にある〈レプロ〉に向かいました。

1時間半後、話し合いを終えた2人は出て来ました。

能年玲奈さんは上機嫌で、笑みを浮かべて、カメラに向かって「よっ」と左手を上げています。

表情から見て、話し合いは“収穫”があったみたいですね。

月給5万円、事務所の掃除当番、食事はパスタのみ

次に、これまでの経緯を振り返ってみたいと思います。

能年玲奈さんと言えば、2013年度上半期のNHK朝ドラ「あまちゃん」の主役として一躍、スターダムを駆け上り、国民的人気を得た女優さんです。

ところが、高校時代から能年玲奈さんを指導してきた“心の師”、演出家・滝沢充子さん(56歳)に心酔したことが原因で、深刻な対立になりました。

能年玲奈さんは洗脳されていると報じられたり、同居もしているとの報道もありました。

また〈レプロ〉側でも、いろんな報道が飛び出しました。

マネジャーと揉めた能年玲奈さんに〈レプロ〉の本間憲(ほんま・たかし)社長(57歳)は、能年玲奈さんだけを一方的に糾弾。

罰として、朝ドラ撮影のため、平均睡眠3時間なのに事務所の掃除当番を能年玲奈さん1人にやらせました。

マネジャーがコロコロ代わるので、その度に現場でトラブルを起こし、能年玲奈さんが関係者に頭を下げたりしたんです。

当時、能年玲奈さんの月給は5万円(水道光熱費込み)、紙カーテン、机は段ボール、食べ物は、パスタのみなどとも報じられました。

〈レプロ〉もブラック疑惑のある事務所ですよね。

そう言えば、能年玲奈さんのほかにも、女優・清水富美加さん(23歳)が2017年、やはり〈レプロ〉との角質が原因で〈幸福の科学〉に出家したこともありましたね。

また漫画家の西原理恵子さん(53歳)から、枕営業疑惑を漫画に描かれたこともあります。

まあ、そんなこんなで、せっかく能年玲奈さんという逸材を得たのに、それを手放した〈レプロ〉は評判を落とし、お互いに「ウィン・ウィン」の逆の「ルーズ・ルーズ」の関係になってしまったんです。

CDデビュー、中国でCM、仕事は好調の能年玲奈

ゴタゴタの渦中で、仕事もなくなり、このまま芸能界を引退かと思われていた能年玲奈さんですが、実は、最近になって、上げ潮になってきているんです。

2017年11月には「スーパヒーローになりたい」でCDデビュー。さらに2018年5月にはファーストアルバム「スーパーヒーローズ」をリリース。

また、2018年9月には、香港メンソレータム社の「肌ラボ」のキャンペーンキャラクターに起用され、中国全土に向けて広告が発信されているんです。

このタイミングでの、和解申し入れだったわけですね。

つまり、能年玲奈さんにタレントとしての価値が増してきて、ある程度の発言力が確保されたので、古巣〈レプロ〉と手打ちができないかと話し合いを持ったのですね。

背景には〈レプロ〉との契約が打ち切りになってから、何と本名の能年玲奈という名前が使えなくなったことがあります。

一般人には理解できないんですが、女優・能年玲奈にとって「能年玲奈」は本名ではなくて、芸名だという立場なんですね、〈レプロ〉側は。

〈レプロ〉側としては、それだけの費用を投下したので、もしも独立するなら別の芸名でやってくれという話になりました。

それで、やむなく能年玲奈さんは「のん」という芸名にしたんです。

ところが「のん」の芸名は完全に失敗でした。少なくとも、わたしはそう思います。

というのは「のん」って名前は、ネットで検索しづらいんです。

そりゃ「のん」とググれば、きちんとウィキペディアのサイトに行き着きますよ。

でも「のん ブランド」だと全くヒットしません。

私服の可愛い能年玲奈さんの愛用ブランドが分からないんです。

それと本人自身も、やっぱり自分の本名に愛着があるでしょうしね。

だいたい、自分の本名を名乗れないなんて、おかしいですよ。そう思いませんか。

そんなこんなを一遍に解決するには、やはり〈レプロ〉との和解が一番の早道だった。

そう考えて、能年玲奈さんは今回の話し合いに臨んだんだと思います。

「あまちゃん」プロデューサー、大河に起用へ

それに加えて、2019年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演して、NHK復帰を果たすというプランが進行中なんです。

2020年東京五輪の前年に、五輪を盛り上げようと、NHKはかなり力を入れています。

脚本は、すでに工藤官九郞さん(48歳)が内定しています。

スタッフも「あまちゃん」を手がけた人たちが勢揃い、まさに「チームあまちゃん」です。

さらに、制作陣を束ねるのが、NHKの大物プロデューサー来覇圭(くるべ・けい)さん(51歳)。朝ドラ「オードリー」「まんてん」「あまちゃん」を手がけたプロデューサーですね。

その来覇圭さんが、能年玲奈さんにご執心なんです。大河ドラマ「いだてん」のサプライズとして、能年玲奈をぜひ起用してみたいんですって。

来覇圭さんが構想しているのは、1936年ベルリン五輪編で、水泳金メダリストの故・前畑秀子さん役です。

3部構成の大河で、中盤の目玉として、能年玲奈さんを据えたい考えです。

〈レプロ〉としても、来覇圭プロデューサーとは今後も良好な関係を続けてゆきたいはず。

能年玲奈さん、NHK、〈レプロ〉の3者にとって、手打ちはまさに「ウィン・ウィン」への第一歩です。

なので、わたしは能年玲奈さんと〈レプロ〉の和解は成ると思います。

おそらく大河ドラマにも出演、NHK復帰が決まるでしょう。

逆に、ダメな理由はありません。過去の感情的なしこりはあるでしょうが、ビジネスである以上、利益やメリットが優先されるはずです。

国民的女優が再び脚光を浴び、天性の名演技が見られる日は近いはずです。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください