「まんぷく」安藤サクラの家系が凄い!父の奥田瑛二も認めた女優魂!












スポンサードリンク




朝ドラ「まんぷく」のヒロインで注目を集める女優・安藤サクラさん(32歳)。映画『万引き家族』で演技が世界的に評価された安藤サクラさん、初の子持ちヒロインとして大阪に移り住み、撮影を重ねています。

そんな安藤サクラさんですが、家族や家系も凄(すご)いんです。父と姉は映画監督、母はエッセイスト、夫は俳優。もう家族だけで映画や、番組ができちゃいそうなほど豪華ですよね。芸能一家の中で、安藤サクラさんはどんな生い立ちをしてきたのか、知りたいですよね。そんなあなたのために、リサーチしてみました。

スポンサードリンク

曾祖父は犬養毅、祖父は犬養健

芸名:安藤サクラ
本名:柄本さくら
生年月日:1986年2月18日(32歳)
出生地:東京都
家族:父・奥田瑛二(おくだ・えいじ)さん(68歳)、母・安藤和津さん(70歳)、姉・安藤桃子さん(36歳)、夫・柄本佑さん(31歳)、長女(4カ月)
学歴:学習院女子高等科卒業、学習院女子大学国際文化交流学部(偏差値50.0~52.5)卒業
身長:160センチ
所属事務所:ユマニテ(東京都渋谷区恵比寿西2丁目)

まずは、安藤サクラさんの華麗な家系から見てゆきましょう。

母・安藤和津さんの祖父、つまり安藤サクラさんの曾祖父は、五・一五事件で倒れた元総理大臣の犬養毅(いぬかい・たけし、1855~1932、享年76)。

祖父は、造船疑獄(1952年)で指揮権を発動をした元法務大臣の犬養健(たける、1896~1960、享年64)。

祖母は、元柳橋芸者で料亭〈をぎ野〉を切り盛りしてきた荻野昌子さん。

母の安藤和津さんは、粋筋として、政財界のエリートに囲まれて育ちました。上智大学独文科を中退して、2年間の英国留学。語学力を生かし、のちにCNNのメーンキャスターを務めました。

犬養毅や犬養健って、もはや日本史の登場人物じゃないですか。凄いの一言です。

一方で、父の奥田瑛二さんは、元・愛知県春日井市議を父に持つものの、半ば勘当された売れない役者でした。不遇時代に、代々木公園で3カ月も野宿生活をした経験もあります。

こちらのほうは、あまりエリートとは言えませんよね(笑)。

でも、そんな奥田瑛二さんも何とか役に恵まれ、ドラマ「金曜日の妻たちへⅢ 恋におちて」(1985年)、「男女7人夏物語」(1986年)、「金曜日には花を買って」(1986~87)などで売れ始めたときに授かったのが、安藤サクラさんだったんです。

5歳で女優宣言

安藤サクラさんが生まれた頃、多忙の奥田瑛二さんは、ほとんど家にいませんでした。

「子どもたちの朝ご飯までには、帰ってくる」というルールがありましたが、奥田瑛二さんは飲んだくれて帰ってきては、姉・桃子さんと安藤サクラさんをたたき起こす。

そんな幼少期だったので、安藤サクラさんは、ほぼ奥田瑛二さんと一緒の時間を過ごせなかったんです。

ところが、そんな安藤サクラさんは5歳のとき、奥田瑛二さんの舞台を見て、指さし、

「チャク(サクラ)ちゃん、あれになる!」

何と、5歳にしての女優宣言です。

伝え聞いた奥田瑛二さんは、思わず、

「あちゃ~。頼むから、女優にだけはならないでくれ。お願いだから」

自分の経験から、女優がいかにつらい仕事か知り尽くしていたんですね。

そんな奥田瑛二さんの願いもむなしく、安藤サクラさんは自ら舞台に立ち始めるようになります。

母の安藤和津さんは、幼い安藤サクラさんを見て、確信したんですって。

「ああ、この子は女優になる」

母の見立て通り、安藤サクラさんは、幼稚園のお遊戯会から、舞台に立ち、才能の片鱗(へんりん)を見せ始めます。

小5の安藤サクラを泣かせた父の熱血指導

小学5年のとき、安藤サクラさんは、学芸会で『夕鶴』の主役の座を射止めます。

このときは、安藤和津さんに懇願されて、奥田瑛二さんが安藤サクラさんに演技の指導をしました。

「15分だけだぞ。正座して『お願いします』と言わなけりゃダメだ」

安藤サクラさんが言われる通りにして始めたお稽古(けいこ)は、気付いたら20分、30分も過ぎていました。

「違う、そうじゃない。小学生みたいな芝居してんじゃねえよ」

奥田瑛二さんが気付いたら、1時間半もお稽古をつけていました。

「バカヤロー、学芸会みたいな芝居してんじゃねえんだよっ!」

ついに、安藤サクラさんは泣き出しました。

「だって、これ学芸会だもん」

「あの顔で、女優?」

高校を卒業する2004年頃、安藤サクラさんは、両親の部屋を訪ねて、膝を揃えました。

「お父さん、話があります」
「何だ」
「女優になりたいんです」

重い沈黙が下りてきました。暫くして、奥田瑛二さんは観念しました。

「分かった、認めてやろう。だがな、何も助けてはやらん。自分で道を切り開け。親を頼るな」

肯いた安藤サクラさんは、自分で調べて演劇のワークショップに通い始めました。

しかし、実際はその当時、ずいぶんひどい言い方をされたりもしました。

「あの顔で、女優を目指すわけ?」
「親の七光りが、どこまで通用するのかしら」

折しも、奥田瑛二さんは俳優から、映画監督への道を歩み始めていました。

2004年、松坂慶子さんを主役にした監督第2作『るにん』(2006年公開)。

3作目の『長い散歩』(2006年公開)は、モントリオール世界映画祭でグランプリも獲得しました。

しかし、独立プロ作品ということもあって、日本国内での反応は冷ややかでした。

映画に大金を注ぎ込む奥田瑛二さんの家庭は、次第に追い詰められてゆきました。

夫を支えるために、安藤和津さんは手持ちのアクセサリー、毛皮、ブランド品を全て売り払いました。

ロンドン留学中の姉・桃子さんは、学費も家賃も払えない状態に追い込まれました。

そんな、さなか、監督奥田瑛二さんの第4作『風の外側』(2007年公開)で、主演女優さんが突如、降板するというトラブルが起きたのです。

クランクインまで、あと10日でした。奥田瑛二さんは、仕方なく撮影を延期するつもりでしたが、プロデューサーが提案してきたんです。

「サクラさんは、どうですか?」

確かに、娘のサクラだったら、どんなスケジュールでもやり繰りして、自分の映画に出てくれるだろう。

しかし、監督として、父として、すぐには首を縦に振れない。

そこへ、安藤和津さんが助け船を出してくれたんです。

「あなたは、サクラを主演にしたくないのよね。でも、今回は、神様のプレゼントだと思うの。どう、やってみたら」

奥田瑛二さんは、急に腑に落ちたんですって。

「あ、これは運命なのか」

それで、奥田瑛二さんは渋々、安藤サクラさんを主演に起用しました。

最初の1週間、奥田瑛二さんは現場で怒鳴りまくっていたんです。

しかし、1週間経ったら、

「サクラがスコンと変わって『あ、こいつ、化けやがった』」

残りの20日間、奥田瑛二監督は、安藤サクラさんの演技に一切注文を付けませんでした。
これが、女優・安藤サクラのサクセスストーリーの始まりでした。

朝ドラヒロイン、家族総出で応援

女優としての道を歩み始めた安藤サクラさんは2012年、俳優の柄本佑さんと結婚します。
2017年6月、安藤サクラさんは、長女を出産します。

その年の10月、NHK大阪から朝ドラ「まんぷく」の主演の打診が届きました。

安藤サクラさんは、両親に打ち明けました。

「朝ドラ、ヒロインのオファーが来ちゃった」

安藤和津さんは、

「えーっ! 凄いじゃない」

でも、安藤サクラさんは、

「私、できない……」

子どもを産んだら、仕事はできるだけセーブするつもりだった安藤サクラさん。

しかし、奥田瑛二さんは、

「絶対にやったほうがいい。子育ては任せておけ。ジイジとバアバで育てたっていいんだ」

安藤和津さんや姉・桃子さんも、夫・柄本佑さんも、後押ししてくれました。

ファミリー一丸の応援を得て2018年1月、安藤サクラさんは涙ながらに、ヒロイン決定の記者会見に臨みました。

「お話を頂いてから、すごくたくさんのことを考えて、たくさんの時間を使って、悩んで、覚悟を決めてきました。そうして、ここに立っていることが、何てありがたいんだろうと思って、ちょっと泣けてきました」

ファミリーの愛に包まれて、朝ドラ99作目にして初の育児ヒロインになった安藤サクラさん。

インスタントラーメンを生みだした安藤百福の妻のモデルです。まさに、安藤つながり。

そんな安藤サクラさんを、これからもずっと応援してゆきたいと思います。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください