瑛太と松田翔太がケンカ!「西郷どん」収録中に楽屋で怒鳴り合い












スポンサードリンク




NHK大河「西郷どん」で、徳川慶喜役を熱演している松田翔太さん(33歳)と、因縁のライバル大久保利通役を演じている瑛太さん(35歳)が収録中に演技を巡り、大バトル、ケンカが起きたんです。

瑛太さんと言えば、今年4月、やはり「西郷どん」に出演中の錦戸亮さん(33歳)をフルボッコするなど、ナイスミドルのカッコいいパパ像とは違って、実は結構、ケンカっ早いい人なんです。そんな瑛太さんと、松田翔太さんのバトルの原因と、ケンカの模様をリサーチしてみました。

スポンサードリンク

松田翔太は、慶喜役で戸惑い

バトルが発生したのは、7月29日放送の第28回「勝と龍馬」です。

禁門の変(1864年)を引き起こした長州の征伐を任された西郷隆盛(鈴木亮平)は“ヒー様”徳川慶喜(松田翔太)に、安易な和睦(わぼく)を叱責(しっせき)されます。

慶喜「許さん、腹を切れ!」
西郷、脇差しを持つ。
「かつて、あなた様をお守りすっために、人を殺(あや)めた刀でございもす」
腰を抜かした慶喜、後じさりする。
「誰かー」
西郷は脇差しを抜いて、畳に突き立てる。
「こいでもう、昔の縁は断ち切りもうした。我ら、もはや、ここまででございもす」

このシーンの演技を巡り、松田翔太さんは、どうしても納得できなかったんです。

松田翔太さんは、国を憂い、堂々とした慶喜を演じたかったんですね。

ところが、問題のシーンでは、慶喜は西郷に気迫で負けて、へなへなと腰を抜かしてしまいます。

そんな情けない慶喜が、松田翔太さんは納得できなかったんです。

元々、松田翔太さんは、徳川慶喜役を演じることに疑問を持っていたんですって。

2008年の大河「篤姫」で、最後の将軍・慶喜の一代前の徳川家茂(いえもち)役を演じた松田翔太さん。

そのとき、松田翔太さんは、慶喜について、

「嫌なイメージがあった」

さらに2018年2月の大河「西郷どん」のキャスト発表会見でも、

「筋(役柄)にこだわると、混乱してしまう」

複雑な心境をあらわにしていたんですね。

ここからは、私の推測なんですが、

松田翔太さんのお父さん、松田優作さん(1949~89、享年40)は山口県下関市生まれ。つまり、長州の出身なんです。

長州征伐を企てた慶喜に対して、元々、いい感情を持っているわけないですよね。

それなのに、よりによって、松田翔太さんに徳川慶喜の役が来たんです。

「西郷どん」の撮影現場でも、松田翔太さんは監督と度々、議論する姿が見られていました。

慶喜役を巡り、怒鳴り合い

問題のバトルは、大久保利通役の瑛太さんの撮影終了後に起こりました。

西郷隆盛役の鈴木亮平さん(35歳)から、

「翔太が役どころについて、悩んでいるそうだ」

と聞かされていた瑛太さん。

自分の撮影終了後も帰らずに、松田翔太さんの撮影シーンを見守っていたんです。

収録の合間に、瑛太さんは楽屋口にいた松田翔太さんに駆け寄ると“情けない慶喜”の演技について、意見を言い始めたんです。

最初は、黙った聴いていた松田翔太さん。

諭すように話していた瑛太さん。

ところが、急にヒートアップしてきて、

松田翔太「俺は嫌だ!」
瑛太「それは、違うだろ!」

怒鳴り合いになったんですって。

思わず、凍り付く撮影スタッフさん。

スタッフさんをよそに、2人は30分近く、怒鳴り合いを繰り広げました。

どうなることやらと、固唾を飲むスタッフさんらの元に、いったん出て行った松田翔太さんが、ふらりと戻ってきて、

「分かった、やるよ」

それに対して、瑛太さんは、

「このキャラの慶喜を演じられたら、一気に役者として成長できる。“情けない慶喜”で演じるべきなんだ」

こうして、無事に撮影は終了。

撮影終了後、2人は飲みに行き、さらに演技論を熱く語り合ったんですって。

めでたし、めでたし。

瑛太の助言でアドリブも

元々、ケンカっ早いところのある瑛太さん。

今年4月にトラブった錦戸亮さんも、本当は、普段からとても仲のよい友達同士なんです。

逆に親しい間柄ほど、熱血漢の瑛太さんは、熱くなりやすいのかもしれませんね。

瑛太さんの演技の持論です。

「役に成り切ったら、ひとりでにセリフが出て来る」

瑛太さんは、松田翔太さんに、よく語っていました。

それが表れたのが、9月9日放送の第34回「将軍慶喜」です。

長州征伐と兵庫の開港を、薩摩藩国父・島津久光に難詰された松田翔太さん演じる慶喜は、一喝します。

「余は、将軍である!」

これ、実は、松田翔太さんのアドリブなんです。これも、瑛太さんのアドバイスがあっての助言なんですよ。

瑛太と松田翔太はプライベートでは仲良し

そもそも、瑛太さんは、松田翔太さんのお兄さん、松田龍平さん(35歳)の大親友なんです。

昨年、瑛太さんと松田翔太さんの初共演が決まったとき、龍平さんは瑛太さんに、

「翔太をよろしく」

これに対して、瑛太さんは、

「役者って、どんなものか見せてやる」

と意気込んでいたんですって。

瑛太さんは、松田翔太さんを間近で見て、龍平さんにそっくりだと思ったんです。

人見知りで寡黙な性格、演技に対する真剣な姿勢――。

以来、瑛太さんは公私にわたって、松田翔太さんをかわいがり続けています。

実際、9月5日に、帝国手ホテル東京で行われた松田翔太さんと秋元梢さん(31歳)の結婚披露宴にも出席しています。

撮影現場では、どんなに熱くなっても、プライベートでは仲のいい関係になれる。

瑛太さんも、松田翔太さんも、本物の役者魂を持つ俳優さんなんですね。

ますます、お二人が好きになりました。これからも、ずっと応援してゆきます。

「西郷どん」からも目が離せませんね。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください