カズオイシグロがノーベル文学賞!日本とのつながりや嫁や子らは?












スポンサードリンク




2017年のノーベル文学賞が10月5日、日系イギリス人の作家カズオ・イシグロさん(62歳)に与えられると、スウェーデン・アカデミーが発表しました。贈られる賞金は、900万スウェーデン・クローナ(約1億2400万円)です。

カズオ・イシグロさんと日本とのつながりは? 嫁さんや子どもたちはいるのでしょうか? いたとしたら、どんな人たち? 興味が尽きませんね。緊急リサーチしてみました。

スポンサードリンク

長崎市生まれ、5歳でイギリスに渡る

氏名:カズオ・イシグロ(旧名・石黒一雄)
生年月日:1954年11月8日(62歳)
出身地:長崎県長崎市
国籍:イギリス
家族:妻ローナ・マクドゥーガル、長女ナオミ
現住所:英ロンドン
学歴:長崎市立桜ケ丘幼稚園(2012年閉園)、英サリー州立ストートン小学校卒業、英国立ウォキング・カウンティー・グラマースクール(日本の中学校・高等学校に相当)卒業、英国立ケント大学英文学科卒業、英国立イースト・アングリア大学大学院創作学科修士課程修了
受賞歴:1982年ウィニフレッド・ホルトビー記念賞、1986年ウィットブレッド賞(現・コスタ賞)、1989年ブッカー賞、1995年大英帝国勲章、1998年フランス芸術文化勲章、2017年ノーベル文学賞

2017年のノーベル文学賞は、前年に引き続いて日本の村上春樹(むらかみ・はるき)さん(68歳)が有力候補に名を挙げられていましたが、今年もまたまた涙を飲まれました。

代わりにと言っては失礼かもしれませんが、日系イギリス人作家のカズオ・イシグロさんがノーベル文学賞を取ってくれたのは、日本人にとって大きな励まし、希望になりましたよね。

しかし、一方で「カズオ・イシグロ? 誰それ?」「名前からして、日本人なの」と疑問に思われている方が多いのも事実です。

まあ、仕方がないかもしれません。どちらかというと、日本でいうところの純文学系の作家さんですし、大ヒット映画の原作者というわけでもありませんからね。

でも、純文学やエンタメで作家を色分けするのは、日本だけの“風習”です。カズオ・イシグロさんご本人は、ちっとも意識にないと思いますヨ。

さて、カズオ・イシグロさんは1959年、海洋物理学者・石黒鎮雄(いしぐろ・しずお)さんの仕事のために、5歳で母シズコ(漢字表記不明)さん、妹2人とともに、イギリスのサリー州ギルドフォード(ロンドンの南東部)に渡りました。

石黒鎮雄さんは元々、気象庁に勤めていたんですが、東京・高円寺の気象研究所から、長崎海洋気象台に異動。さらに、英国立海洋学研究所に移られたわけですね。

一家は、そのままイギリスで暮らし、石黒鎮雄さんは2007年に、イギリスで亡くなられました。

日本語はほとんどできず、英語で執筆

カズオ・イシグロは、両親ともに日本人で、日本生まれの生粋な日本人なのですが、5歳でイギリスに渡り、現地で教育を受けたために、ほとんど日本語ができません。

ちょうど、ものを覚え始める時期にイギリスに渡ったので、頭の中が英語に占領されちゃったんですね。

カズオ・イシグロさんは地元の公立小学校、グラマースクールを出たあと、ケント大学に入りました。ケント大学では英文学と哲学を専攻して、卒業しました。

そのあと、元々、書きたかった小説を自力で執筆し始めたのですが、数年経っても芽が出ません。

仕方なく、カズオ・イシグロさんは、イースト・アングリア大学大学院創作学科修士課程に入ります。イースト・アングリア大学では、マルコム・ブラッドベリー、アンジェラ・カーターら著名作家から創作技法を学びました。

1981年、短編小説でカズオ・イシグロさんは作家デビューを果たします。

イースト・アングリア大学大学院を修了したカズオ・イシグロさんは1982年、イギリス国籍を取得しました。

時を同じくして1982年、イギリスに暮らす長崎出身の女性の回想を描いた第1作『遠い山なみの光』を出版。ウィニフレッド・ホルトビー記念賞を受賞します。

1986年、戦前の日本人を描いた第2作『浮世の画家』で、ウィットブレッド賞(現・コスタ賞)を受賞します。

ちなみに、ウィットブレッドとはイギリスのホテルチェーンで、スポンサー企業の名前です。今はコスタ・コーヒーがスポンサーに代わったので、コスタ賞というのですね。日本でも以前、サントリーミステリー大賞という賞がありましたよね。

第1作と第2作の二つの小説で作家としての基盤を築いたカズオ・イシグロさんは1986年、イギリス人女性のソーシャルワーカー、ローナ・マクドゥーガルさんと結婚しました。

お二人の出会いは、ノッティングヒルで行われた東ロンドン・キュレニアンズ・ホームレス・チャリティーです。カズオ・イシグロさんは当時、住居付きの再定住化プログラムの仕事に関わっていました。

二人の間には、ナオミさんというお嬢さんが生まれました。現在、ロンドンで、カズオ・イシグロさんらと一緒に暮らしています。職業は分かっていませんが、分かり次第、この記事に追記しますね。

公私ともに充実したカズオ・イシグロさんは1989年、第3作『日の名残り』を刊行し、イギリスで最も権威のある文学賞、ブッカー賞を受賞しました。

このとき、カズオ・イシグロさんは、日本メディアのインタビューに、こう答えています。

「母がシャーロック・ホームズやアガサ・クリスティーを、日本語で読んでくれたのが英文学に接した最初です。私にとって日本は外国ですが、感情面では特別な国。もう一つのふるさとなのです」

『日の名残り』は1993年、英米合作で、ジェームズ・アイヴォリー監督、アンソニー・ホプキンス主演で映画化されましたよね。アンソニー・ホプキンスが演じる英国貴族宅の渋い執事が名演でした。

以来、カズオ・イシグロさんは5~10年おきに1作のペースで、長編小説を発表し続け、今回のノーベル文学賞受賞に至っています。

多民族社会で、カズオ・イシグロは希望の星に

イギリスを代表する作家となったカズオ・イシグロさんですが、実は結構、日本に来ています。

カズオ・イシグロさんの本は、日本では早川書房が多く出しています。マーケットとしても日本は重要なので、カズオ・イシグロさんは新作を出すたびに、日本に来てPRをしてゆきます。

最近では、2015年6月に来日しました。

6月5日(金)に東京都港区の慶應義塾大学三田キャンパスのホールで、文学部創設125周年記念の公開インタビューに答えています。

さらに夜には、今はなき紀伊國屋書店新宿南店でサイン会も、開いています。

第1作『遠い山なみの光』、第2作『浮世の画家』は共に日本をモチーフにした作品ですが、カズオ・イシグロさんは全て想像で書き切りました。

「私は、日本の、強い絆(きずな)を感じていた非常に重要な日本の、強いイメージを頭の中に抱えながら育った。英国で私はいつも、この想像上の日本というものを頭の中で思い描いていた」

外見は日本人でも、内面はイギリス人の作家、カズオ・イシグロさん。

ちなみに、カズオ・イシグロさんの好きな現代日本人作家は、村上春樹さんです。

村上春樹さん、今回は残念でしたが、来年のチャンスを待ちましょう。

難民や移民の流入が続くイギリスやヨーロッパでは、今、多民族主義という難問に直面しています。

そんな中で、日本生まれのイギリス人作家がノーベル文学賞を取ったことは、日本人のみならず、ヨーロッパや世界中の人たちに希望を届けたと思います。

 

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*