広陵の中村奨成(しょうせい)の家族は?経歴やドラフト球団も予想!












スポンサードリンク




第99回全国高校野球選手権大会の準決勝で、大会ナンバーワン捕手として注目される広陵(こうりょう)の中村奨成(なかむら・しょうせい)捕手(18)が8月21日、1985年にPL学園の清原和博さん(50)が記録した1大会最多の5本塁打を32年ぶりに抜きました。

ここまで23打数、16安打、17打点、打率6割9分6厘と驚異的な打撃を見せる中村奨成捕手。きょう23日は運命の決勝です。その前に、中村奨成捕手の家族や出身中学、それにドラフト指名の意中の球団を緊急リサーチしました。

スポンサードリンク

1年で正捕手、初めての甲子園で記録ラッシュ

氏名:中村奨成(なかむら・しょうせい)
生年月日:1999年6月6日(18歳)
出身地:広島県廿日市市(はつかいちし)
家族:母・啓子さん(44)、妹・美咲さん、祖母・満枝さん(74)
学歴:廿日市市立大野東(おおのひがし)小学校卒業、廿日市市立大野東中学校卒業、私立広陵(こうりょう)高等学校(偏差値46~54)3年在学
身長:181センチ
体重:78キロ
ポジション:捕手
投打:右投げ右打ち
走力:50メートル6秒0
遠投:120メートル

中村奨成捕手は、廿日市市立大野東小学校1年で野球を始めました。

小学校3年から捕手になりました。

大野東中学に進んでからは、軟式野球の〈大野シニア〉に所属しました。

3年時に県大会でベスト8に入りました。

高校は、広島県の強豪、私立広陵高校(広島市安佐南区)に入りました。

1年の春の県大会で、背番号20を付けてレギュラー入り。

1年の夏から、背番号2を付けて、広陵の不動の捕手として、今大会では3番を打っています。

しかし、意外にも、中村奨成捕手が甲子園に出場したのは、今回が初めてなんです。

1年生だった2015年の夏、広陵は、県予選の準決勝で、市立呉に6-1で敗退。

中村奨成捕手は8番で先発出場も、3打数0安打0打点でした。

さらに、広陵は、秋の県大会を勝ち抜けず、翌年の春の選抜出場を落とします。

2年生になった2016年の夏、広陵は、県予選の準決勝で、如水館に10-0と完敗しました。

中村奨成捕手は3番で出場するも3打数0安打0打点、いわゆる3タコで、手も足も出ずに敗退です。

普通、準決勝で10-0は、考えられないスコアです。捕手としてのリードも冴(さ)えず、打撃も不発で、踏んだり蹴(け)ったりだったんですね。

秋の県大会で、広陵は、準々決勝でまたも呉に延長10回、3-2でサヨナラ負けを喫しました。

中村奨成捕手は、またも春の選抜を逃します。

3年生のラストイヤー、2017年夏の県予選、広陵は9-5で広島新庄に勝ち、夏の甲子園を決めました。

3番の中村奨成捕手は4打数2安打1打点、1本塁打の活躍でした。

さらに甲子園の本大会で、中村奨成捕手は準決勝まで、1大会6本塁打。清原和博さんの持つ1大会5本の記録を32年ぶりに更新しました。

2008年に大阪桐蔭の萩原圭悟さんが記録した1大会15打点を塗り替える、17打点。

2009年に中京大中京の河合完治さんが記録した1大会28塁打を大きく上回る、38塁打。

過去のレコードホルダーの3人はいずれも、優勝を遂げています。

中村奨成捕手も、見事に優勝して、深紅の大優勝旗を手にできるのでしょうか。

まさに、運命の決戦です。

3歳で両親離婚、育てた母に「恩返ししたい」

8月17日に行われた2回戦の秀岳館戦では、中村奨成捕手は9回表に3ランを打ちました。

試合後のインタビューで、中村奨成捕手は、

「母に支えてもらった分、この舞台で恩返ししたい」

語り、好感度が一気に上昇。大活躍もあって、今大会の“顔”になりましたよね。

祖母の満枝さんが、中村奨成捕手の素顔を明かします。

「奨成が3歳のとき、両親が離婚したんです。

母の啓子がフルタイムで働いて、奨成と美咲を、育ててきました。

わたしや夫と一緒に暮らしていたので“おばあちゃん子”かもしれません。

ご飯は何でもよく食べて、やんちゃな子でしたよ。

勉強は、ちょっと苦手だったようです(笑)」

小学1年で野球を始めた中村奨成捕手は、母の啓子さんにキャッチボールを繰り返したそうです。

熱烈な広島カープ・ファンの啓子さんは、

「子どもに、野球しかさせたくなかった」

と言うほどの野球好き。そんな啓子さんの影響を受けて、中村奨成捕手は1年生のときから、野球にのめり込んでいったそうです。

決して楽でない生活の中、中村奨成捕手は、野球用具を買いそろえてもらって〈大野シニア〉に入ります。

中学時代は、時間があれば、啓子さんに家の前で、バドミントンの羽根を上げてもらい、打撃練習をしました。

さらに、私立の広陵高等学校へ進みました。

啓子さんの懸命のサポートがなかったら、今の中村奨成捕手はありません。

それゆえ、中村奨成捕手は「母に恩返ししたい」と語ったのですね。何ていいヤツ。

中村奨成の意中のプロ球団は、巨人か広島か

実は、甲子園大会が始まるまで、最大の注目を集めた打者は、早実(西東京)の清宮幸太郎選手でした。

清宮幸太郎選手は7月28日、西東京大会の準決勝で、高校通算107本塁打を放ち、歴代最多の山本大貴さん(兵庫・神港学園)の記録と並びました。

しかし、決勝で、早実は6-2で東海大菅生に敗れました。

3番一塁手の清宮幸太郎選手は、3打数1安打0打点で終わりました。

それまで、秋のドラフト候補ナンバーワン球児は、清宮幸太郎選手と思われていたのに、ここに来て、中村奨成捕手の大活躍で、一気に急落です。

野球関係者が、語ります。

「プロからの評価は、うなぎ登りです。遠投120メートルの強肩と、50メートル6秒0の駿足(しゅんそく)のうえ、あの打撃力です。

間違いなく、ドラフト1位で指名されるでしょう。契約金は上限の1億5000万円です」

では、中村奨成捕手の意中のプロ球団は、どこでしょうか?

中村奨成捕手の自宅の部屋は、バッティングの参考にしている巨人の坂本勇人遊撃手のユニホームが飾られています。

さらに、満枝さんが明かします。

「奨成は、巨人の小林誠司捕手(28歳)にあこがれて、広陵に進みました」

ということは、中村奨成捕手の意中の球団は、巨人でしょう。

しかし、自分を育ててくれて、野球への道をひらいてくれた母・啓子さんは熱烈な広島カープ・ファン。妹の美咲さんも、カープ女子だそうです。

それに、広島出身の中村奨成捕手が、地元球団を嫌いなわけがありませんよね。

つまり、中村奨成捕手の志望球団は、巨人と広島なのでしょうね。

ドラフト会議で、何球団が指名するかは分かりませんが、広島は間違いなく中村奨成捕手を指名するはずです。

正捕手・小林誠司捕手の打撃がイマイチな巨人も、阿部慎之助2世として、中村奨成捕手を指名してくるでしょう。

さらに、広島が準ホームでもあるソフトバンク、阪神、オリックスも見逃さないでしょう。

しかも、有力高校生選手の指名は逃さないヤクルト、西武、日本ハムも、熱い視線を送っているはずです。

何だか、全12球団がドラフト1位で指名するように思えてきました。

そんなケタ違いのスーパースター、中村奨成捕手は本日、花咲徳栄(埼玉)との決戦に臨みます。

中村奨成選手の活躍、見逃せませんね。わたしも、テレビの前にかじり付きます。

広陵の中村奨成(しょうせい)の伝説は?甲子園に続きU18で大暴れ!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*