宮沢りえと森田剛がついに夫婦生活へ!マンションはどこで家賃は?












スポンサードリンク




かねて熱愛が伝えられた女優・宮沢りえさん(44歳)とV6の森田剛(もりた・ごう)さん(38歳)が、ついに同じマンションで通い婚の実質“夫婦生活”をスタートさせたそうです。おめでとうございます!

お2人の住むマンションはどこで、家賃はいくらなのか、気になるところですよね。さらに、さらに入籍の可能性や時期は? 緊急リサーチしてみました。

やんちゃから渋めファッションに、森田剛が大変身

ドラマ「ハロー張りネズミ」(TBS系)での熱演が評判の森田剛さん。ギャンブラーの過去を持ち、一見クールなのに涙もろく、強持てなのに天然キャラという木暮久作(こぐれ・きゅうさく)役の演技が光っています。

そんな森田剛さんが最近、宮沢りえさんと同じマンションに引っ越したと伝えられました。

もしも事実なら、これまでの「通い婚」からステージを上げて、実質の“夫婦生活”がスタートじゃないですか。もしかして、入籍もあるかも!?

森田剛さんのファンの人たちに、聞いてみました。

「最近の森田剛くんは、確かに、めっきり変わりましたよね。オフショットでも、以前のストリート系のやんちゃファッションから、モード系の渋い大人のファッションに変わりましたよね。フェーデッドジーンズやスカジャンを卒業して、ダークな色合いで重厚なヨウジヤマモトっぽい服装を好むようになっています」

「『ハロー張りネズミ』でも、大人の色気がハンパないです。いい意味で、年上の宮沢りえちゃんの影響を受けているのかな。この1年で、めっきり落ち着いてきたと思います」

鮨店で美容院で、顔出しでいつも一緒

さて、宮沢りえさんと森田剛さんの交際が発覚したのは、昨年10月です。

10月22日(土)の深夜、東京・代官山(だいかんやま)の蔦屋書店2Fのカフェで一緒に談笑した後、日付の変わった翌午前0時40分ごろ、手つなぎのまま、宮沢りえさんが一人娘あろはさん(8歳)と暮らすマンションに入りました。

10時間後の午前11時前、森田剛さんはマンションから出て来て、煙草に火をつけ、呼び止めたタクシーに乗り込んで、去って行ったそうです。

午後3時、森田剛さんは〈V6〉のメンバーとして国立代々木競技場第一体育館で行われたイベントに参加、歌とダンスを熱演しました。

その姿を、宮沢りえさんとあろはさんが、観客席から見守っていたそうです。

2人のなれそめは、2016年8月、故・蜷川幸雄さん(享年80)の追悼公演として行われた舞台「ビニールの城」です。

共演をきっかけに、意気投合したのでしょうね。

森田剛さんが、左手の中指に「R」のイニシャルのリングを付けているのを目撃されるようになったのも、この頃です。

女優・上戸彩(うえと・あや)さん(31)とは8年の交際の果てに破局、元セクシー女優・美雪(みゆき)ありすさん(30)とは半同棲(はんどうせい)もしたのに別離という過去を持つ森田剛さん。

ここに来て、宮沢りえさんという本命の大物彼女が浮上してきた森田剛さん。勢いを駆って、大盛り上がりになりました。

10月24日(月)には、2人はナント、同じ飛行機に乗り、2時間40分、隣同士の座席で手つなぎで、沖縄旅行に出発しました。あろはさんは、ベビーシッターさんか、友達に預けたみたいです。

12月には、人込みでにぎわう代官山で手つなぎデート、カメラショップでのショッピングが、目撃されています。

年が明けて2017年2月のバレンタインデーには、2人一緒に箱根旅行に行ったと伝えられました。

再び、森田剛さんのファンの声です。

「2人が一緒にいるところを最初に目撃されたのは2016年9月、東京の芸能人行きつけの鮨(すし)店です。先に来ていた宮沢りえさんの女性グループに、森田剛くんが合流する形で、一緒になったそうです。森田剛くんに気付いた店内のお客さんが『え、あの2人、付き合っているの?』と、ざわついたそうです。鮨好きの宮沢りえさんですが、その鮨店に2人は今、月に5、6回は通っていると聞きます」

「もはや、2人は、髪を切るときも一緒だそうです。表参道にある美容院で、先に髪を切り終えた森田剛くんが、宮沢りえちゃんが切り終わるのを待っているとか。しかも、2人とも全く変装や顔隠しはしていないんですって。もう結婚が決まったみたいに、臆せず、堂々と外を歩いているらしいです」

〈ラ・トゥール代官山〉が有力、月家賃は92万円か

最近になって、森田剛さんは、宮沢りえさんと同じマンションに引っ越したそうです。

そのマンションとは――

  • 都内の閑静な住宅街にある超高級マンション
  • 著名人が多いことでも知られる人気物件
  • ほとんど空室は出ない

以上の条件からリサーチした結果、住友不動産の高級賃貸マンション〈ラ・トゥール代官山〉で、ほぼ決まりだと思われます。

東急東横線の代官山駅から徒歩3分、バイリンガルのコンシェルジュが24時間365日常駐、セキュリティー万全の超高級マンションです。

公式サイトで、間取りを見ると、確かにA502タイプ(A棟の502号室という意味だと思われます)は、2LDKで広さ122.3平方メートルで、森田剛さんの引っ越したとされる「広さ約120平方メートルのゆったりとした間取りの1室」と条件が一致します。

公式サイトには、空室情報というページもあるのですが、8月14日現在、すべて埋まっており、空きのない状況です。「ほとんど空室は出ない」という条件とも重なっています。
〈ラ・トゥール代官山〉は2010年10月から入居が始まった住友不動産の高級賃貸マンションです。

月家賃は、最も安いタイプで92万円、平均専有面積は240平方メートルで、平均賃料は181万円だそうです。

敷地面積は約1万5000平方メートルで、中庭には樹木を配し、門には24時間365日、門番が立つそうです。

最も家賃の高い部屋は、7階建ての最上階にあるペントハウス(13戸)で、そのうち500平方メートル超の部屋は、日本最高の月531万円だそうです。

セレブの宮沢りえさんと、スターの森田剛さんが実質“夫婦生活”をスタートさせるにふさわしい場所ですね。

森田剛さんの入った部屋は〈ラ・トゥール代官山〉では、狭いタイプの部屋です。なので、家賃は92万円だと思います。

小2の娘を気遣い“通い妻”に?

しかし、ここで素朴な疑問が浮かびます。

元々、宮沢りえさんのマンションにも泊まる仲の森田剛さんです。

どうして、同じマンション内に、別室を借りなければならないのでしょうか?

どうせなら、同じマンションに同居しちゃえばいいのではないでしょうか?

いくらリッチな芸能人といっても、月々92万円があるのとないのとでは、大違いです。

ついでに、入籍しちゃって、宮沢りえさんは再婚しちゃえば、いいのではないでしょうか?

先ほどのファンの人が解説してくれます。

「宮沢りえさんの娘あろはさんは、名門私立小の2年生で、繊細な年頃です。ママが、いきなり新しい男の人と暮らし始めたら、確実に自分の居場所が狭まります。せめて、小学校高学年か、できれば中学に上がって、ある程度、独立した人格が育つまで、宮沢りえさんと森田剛くんは同居を避けているのではないでしょうか」

「いくら恋する女性といっても、宮沢りえちゃんはママであることに変わりはありません。毎日、会いたいって気持ちは分かります。でも毎日、あろはちゃんの住むマンションに森田剛くんが来るのって、どうよと思います。いつも3人でデートってのも、大人の恋としては違うでしょう。おそらく、想像ですが、森田くんの部屋に、りえちゃんが通う“通い妻”で“夫婦生活”をスタートしたんじゃないかな」

どんなに忙しくても、帰る家は“同じ”

森田剛さんは今、8月10日(木)から始まった全国ツアーのまっただ中です。

一方、宮沢りえさんは8月27日から東京・新国立劇場で舞台「ワーニャ伯父さん」が始まります。

一見、すれ違いに見える2人ですが、どんなに仕事が多忙を極めても、帰る“家”は同じであることに決して変わりはありません。

おふたりの行く末を、幸福になる願いを込めて、ウォッチし続けてゆきたいと思います。

宮沢りえ森田剛(V6)が沖縄旅行!熱愛デート目撃情報や結婚はいつ?

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*